« 2006年9月 | メイン | 2006年11月 »

2006年10月に作成された記事

2006年10月31日 (火)

いじめの捉え方

子供たちの自殺が相次いでいます。昨日は、子供のみならず高等学校の校長先生まで自殺したとのこと。


また、子供の自殺の原因としていじめがあったのかどうかを学校側が正確に把握していない、把握していても発表しない、更にはその発表も二転三転するという有様です。





いじめは悪いことです。これは間違いありません。

ただし、学校側・教育委員会側が「いじめは起きてはならないものだ」と考えるのであれば、私はそれは断固として間違っていると言いたいですね。

いじめは起きうるのです。それは子供の社会であれ、大人の社会であれ変わりはありません。

起きうるものに対して、「決して起きてはならぬものだ」と身構えてしまうと、組織は隠蔽へと走ります。現に組織の中にいる人、組織人の経験がある人ならば容易に想像できるでしょう。そして、その組織の中でひとり声を発することが如何に難しいかも。



「いじめが起きないような運営をしよう」という指向性と、「いじめは決して起きてはならない」という指向性とは、似て非なるものです。
  そして、報道等で伝えられる教育委員会の指向性は、「いじめは決して起きてはならない」式のように見受けられます。もしも、「いじめは起きてはならない」方式で進むのならば、今後も同様の事例が増え続けることでしょう。

2006年10月30日 (月)

第3回新オリ完了

土曜日は、青年会議所の福井ブロック協議会の第3回新入会員オリエンテーションに担当委員会副委員長として参加しました。

例年ならば、年1回の新入会員オリエンテーションですが、本年は計3回も行うということで担当委員会も大変でした(涙)。

しかし、終わってみれば3回やっただけの成果は上がったのではないかなと思っています。

若狭JCの桑田委員長。一年間お疲れ様でした。








さて、この時期のブロック協議会は、次年度委員会の顔合わせも兼ねています。

私は、よほどのことがない限り人事要請は断らないという考え方でやってきましたし、これからもやっていこうと思っていますので、次年度ブロック出向のお話も受けさせていただきました。

妻にその話をしたら嫌な顔をされましたが(苦笑)。




それで、私が配属される次年度ブロック委員会が何をするのか・・・・・・来年の知事選挙並びに参議院選挙でローカルマニフェスト型公開討論会を実施するという、ビックな事業です。

選挙というものは、マニフェスト型へと移行していますし、それをもって候補者を見比べるというのは有権者にとって意義あることだと思います。それをなし得る団体として手を挙げることは、青年会議所にとっても意味あることでしょう。

もっとも、選挙政策発表の場をコーディネートしようというのですから、これは大変なことです。

来年も忙しくなりそうです。


2006年10月25日 (水)

よみがえるロッキー、ターミネーター、

映画コムより

「ターミネーター4」の脚本を執筆したマイケル・フェリス(「ターミネーター3」「キャットウーマン」)が、同作にアーノルド・シュワルツェネッガーの出番がないことを明言した。
 米エンターテイメント・ウィークリー誌の取材に対し、フェリスは「『ターミネーター3』で、
シュワルツェネッガーの出番は終わったようなものだよ」と答え、現カリフォルニア州知事のシュワルツェネガーが「ターミネーター4」にカメオ出演するのではないかとの憶測を否定した。なお、「ターミネーター4」では、核戦争後の未来が舞台になるという。



そもそも、マイケル・フェリスなる脚本家は、ターミネーター3を作ったという時点で、すでにターミネーター4を作る資格はありません。

シュワルツネッガーファンの私は、どういう風にターミネーター2とのつながりをもたせるのだろうかと期待に胸ふくらませながら映画館へ行ったものです。その期待は無残にも木っ端微塵にされましたが。何の脈絡もなく、いきなり2の結末を否定されたのでは、こちらとしてもどう対応してよいのか・・・・・(苦笑)

あのターミネーター3を見て、つくづくターミネーターはシュワルツネッガーの映画であると同時にジェームズ・キャメロンの映画であったことを痛感しました。キャメロン自身は「ターミネーターは2で終わったのだ」と続編を拒否したのもわかります。





第一、核戦争後の未来が舞台って・・・・・

Maxpic01

こんな感じでしょうか。











337pxkaiyodo_kurokabe05s3200





それともこんな感じ?


















ちなみに、ターミネーター4だけではありません。産経Webより



「ロッキー」「ランボー」「インディ・ジョーンズ」「ダイ・ハード」…。
1980年代を中心に一世を風靡(ふうび)した、主人公が超人的な活躍をする人気シリーズが米国で次々と公開される。シルベスター・スタローン(60)、ハリソン・フォード(64)、ブルース・ウィリス(51)はいずれも、日本の団塊の世代にあたる米国のベビー・ブーマー世代。ちょっぴり老いを隠せないヒーローたちの体当たりの演技が、同世代の心を揺さぶっている。

今年のクリスマス映画として登場するのが、スタローンを一気にスターダムに押し上げた「ロッキー」シリーズ(76~90年)の16年ぶりの第6作となる「ロッキー・バルボア」(国内公開日は未定)。妻エイドリアンに先立たれたロッキー(スタローン)が現役復帰し、再び世界ヘビー級チャンピオンをめざすというストーリー。
もちろん、迫力ある殴り合いもふんだんにある。

そして来年には、「ロッキー」と並ぶスタローンの人気シリーズ「ランボー」(82~88年)の最新作(第4作)が、19年ぶりにスクリーンに帰ってくる。ランボー役はもちろんスタローンで、激しい戦闘アクションに挑んでいる。

一方、「ダイ・ハード」シリーズ(88~95年)でアクションスターの地位を確立したウィリスは、前作から12年ぶりとなる「ダイ・ハード4」に主演。早ければ来夏に米国で公開される。フォードも、スティーブン・スピルバーグ監督とのタッグで3作とも大ヒットを記録した「インディ・ジョーンズ」シリーズ(81~89年)を復活させ、19年ぶりとなる08年に公開される予定だ。

このほか、シャロン・ストーン(48)の大ヒット作「氷の微笑」の続編も14年ぶりに今年公開されており、熟年スターたちとその人気シリーズがハリウッドで脚光を浴びている。

そんな状況について、「知名度の高い大スターやかつての人気シリーズに頼るしかないからだ」(映画業界関係者)と、背景にハリウッドの低迷があるとする声も少なくない。しかし、映画評論家の川本三郎さんはそれだけではないとする。

「どこか老いを感じるようになった米国のベビー・ブーマー世代が、同世代のスターがスクリーンで頑張る姿に共感を覚えていると考えるべきだ。米国人は年齢に関係なく、前向きでアクティブな生き方を好みますから」と分析する。

実際、ベビー・ブーマー世代のハリウッドスター、マイケル・ダグラス(62)は産経新聞の取材に対し、「年をとったからといってアクション映画を軽視するのは間違いだし、フォードが演じたインディ・ジョーンズは素晴らしい。私もまだ40代のつもりで、あの演技を参考にアクションにも挑んでいる」と意気盛んなところを見せる。

日本でも、約700万人といわれる団塊の世代の定年退職が来年から本格化する。老いに逆らうように躍動するロッキーやインディ・ジョーンズの姿は、“第2の人生”を迎える団塊の世代に元気を与えてくれそうだ。




ちょっと待ってください。スタローンは1946年生まれ。つまり、今年で還暦を迎える計算になります。

いくらなんでも還暦ボクサーでヘビー級チャンピオンって・・・・・・あぶさんじゃあるまいし、無茶すぎる設定でしょう?

かつて、シュワルツネッガーがスタローンの映画を評して「彼の映画には知性がない」と言い切ってましたが・・・・・ロッキー4は面白かったのになあ。何にも考えずに(誉め言葉)スコーンと見れた映画でしたから。御大ジェームス・ブラウンも踊ってたし(笑)。



それよりもわからないのがランボー4。

かつてアメリカは旧・ソ連のアフガニスタン侵攻を阻止すべく、ゲリラとなったムジャヒディンたちに武力援助をしました。皮肉なことに今度はそのゲリラたちがタリバンとなってアメリカに大規模テロ攻撃をしかけてきたという歴史があります。

いわば、ランボー3はアメリカがムジャヒディンと蜜月関係を持っていた頃の映画です。
ということは、今度はどこを戦場にするのでしょうか。

テロ相手にひとりで大立ち回りを?





そういう流れになると、困るのはダイハード4でしょう。

9.11の同時多発テロのときに、批判の対象にされたのは意外にもハリウッドでした。「飛行機でビルに突っ込むなんて、そんな発想はハリウッド映画から取ったに違いない」と責められたのです。その槍玉にあがったのがダイハードシリーズでした。





いずれにせよ・・・・・・12月1日に、ニュージェームス・ボンドが誕生します。私はそれを心待ちにするとしましょう。

2006年10月22日 (日)

阿吽の呼吸

昨日のことです。

『容疑者 室井慎次』をやっていたので、夫婦ふたりでテレビをみておりました。



すると、いきなり妻が
「ねえ、あそこであれを買おうと思うんだけど、どう思う?」
と尋ねてきました。


あそこであれを買う?・・・・・・
「ちょっと待て!それだけじゃ何のことかわからんよ」
と答えると
「ええっとね。阿吽の呼吸っていうじゃない?それくらいわかってよ」
と。


・・・・・まだその奥義まで達していません。

行政視察、その3(紫の巻)

さて、前回に引き続いて織物参考館『紫(ゆかり)』について。


Photo_38

織物の歴史について学んでいる小学生グループとは別に、染物体験をしている小学生グループもいました。


子供たちは、施設のガイドさんの説明を聞きながら頑張っていました。








私たちの委員会にも、説明のためのガイドさんが附いてくれましたが、やはり説明する人がいないと面白味は半減します。
(仮称)おりものミュージアムでも、ガイドさんの存在は必須となることでしょう。




さて、このガイドさんたちは市の職員かというとそうではありません。

なぜなら、この織物参考館『紫(ゆかり)』は、民間施設だからです。しかも、桐生市からの助成金は一切もらっていません。つまり、完全な自主運営で進められているのです。





ガイドさんに伺ったところ、この施設を訪れる人々は年間約3万人とのこと。

そして、料金体系は
 大人            700円
 大学生・専門学校生  600円
 中・高校生        500円
 小学生          400円
 団体割引(20名以上、50円割引)
となっています。

仮に、3万人全員が団体で来たとして、年齢層の平均をとったら中・高校生であるというならば、料金収入で1350万円が入ることになります。

これと物販収入を加えた総収入で、公租・公課、建物のランニング・コスト、ガイドさん等の人件費を賄えるのかと、車中で計算しましたが、何とかいけそうな気がします。

それもこれも、
 ①年間3万人の来客数があること
 ②入館料をとること
の2つがあってはじめて成立することなのですね。

う~ん・・・・・

2006年10月21日 (土)

行政視察、その2(紫の巻き)

行政視察も2日目。



まずは、桐生市に移動して、織物参考館『紫(ゆかり)』へ。


この施設は、織物参考館という名前のとおり、織物の歴史を展示・体験する施設です。
そう、まさしく勝山市が進める(仮称)おりものミュージアムと同じ性質をもった施設なのです。


Photo_35
織物参考館『紫(ゆかり)』は、かつての繊維工場跡をそのまま使用しています。

この工場は、いわゆるノコギリ屋根が特徴的ですね。

















Photo_36
この施設は、桐生市の織物の歴史も展示していますが、展示は「織物の歴史」を中心にストーリー展開しています。

織物の歴史は数千年に及びますが、その構造は「縦糸に横糸を通す」という点において、今も昔も変わりはありません。

左の写真は、数千年前の原始的な織り機ですが、これもやはり縦糸に横糸を通すという形になっています。

つまり、織物の歴史とは「いかにして早く、そして正確に縦糸に横糸を通すか」という歴史に他なりません。

それは技術革新の歴史でもあるのです。




このストーリーが大切だと私も以前から考えていました。仮に、(仮称)おりものミュージアムが勝山の繊維産業の歴史に傾注するなら、訪れる人々は限定されてしまいます。

魅力あるストーリーとは、大げさながら「人類の繊維の歴史」ではないでしょうか。





Photo_37

左の写真のように、子供たちが織物の歴史を学ぶために来館していました。

この子供たちは聞くと桐生の市外から来たとのこと。つまり、桐生の織物の歴史を学びに来たのではなく、織物の歴史そのものを学びに来たのです。



説明のためについてくれたガイドさんにお話を伺うと、こういった子供たちだけでなく、アパレル関係の専門学校やデザイナーたちも来館するそうです。
 彼らが何のために来るのかといえば「われわれ服飾関係に就こうという人間ならば、繊維の歴史について学ばなければならない」という想いがあってのこと。いわば、繊維にまつわる様々な業種の人たちにとっての学びの場になっているのです。


(仮称)おりものミュージアムでは勝山の繊維産業の歴史を展示すべきではない。やはり、敢えて織物そのものの歴史を展示することによって、より多くの人々に訴えかける必要がある。わが意を得たりとの感を強くしました。





また、原初よりの技術革新の歴史を眺めていると、今から見れば取るに足らない機械であっても、当時では革新的な技術であったことがわかります。

手早く織りたい、様々な色で織りたいという先人たちの望みが、少しづつ少しづつ積み重なって現在にまで至っているのですね。


061018_1019001_1
そういった流れを見た後で、ジャカードを見ると何とも言いがたい不思議な感じにとらわれ、しばし見惚れてしまいました。

左の写真のジャカードは現在も立派に稼動しており、生産品はみやげ物売り場で買うことができます。




2006年10月20日 (金)

行政視察・その1

火曜日から昨日まで、勝山市議会産業福祉委員会として行政視察に行ってまいりました。

行き先は、栃木の栃木市および群馬県の桐生市・富岡市です。桐生市・富岡市と聞いて、勘の良い方ならば視察目的はお分かりでしょう。

そう、「おりものミュージアム」です。繊維の歴史が古い桐生市は、繊維工場をさまざまに活用していますし、富岡市は富岡製糸場を世界遺産に登録すべく活動しています。




初日は、朝早くに勝山を出発し、新幹線を乗り継いで何とか昼過ぎに栃木市に到着。

栃木市は、かつての県庁所在地ということでもわかるように、江戸時代には物資集積のまちとして栄華を誇りました。

その名残は、さまざまな蔵が残っていることからも見て取れます。



061017_1645001



左の写真は、八百屋さんですが、このような蔵の中で当たり前に八百屋さんが商売をされています。









八百屋さんが蔵構えでやっているくらいですから、観光案内所も当然に蔵構え。


061017_1653001

この写真ではわかりませんが、この観光案内所が面する大通りは、電線を地中に埋め込んであります。やはり、電線がない風景は広々としていて気持ちの良いものです。















このように多くの蔵が残る栃木市では、「蔵のあるまち」というテーマでまちづくりを展開しています。


Museum
これは『とちぎ蔵の街美術館』。

200年前に建てられた蔵を美術館として利用しています。










M_6
中は、こんな感じ。ここは廊下ですね。


今回訪れたときには、田中一村の美術展をやっていました。

私の妻は、田中一村の画集も持っているくらいの大ファンで、「いいなあ・・・・」と羨ましがられました。


・・・・・・ごめん、実は田中一村のの絵はほとんど見てないんだ。蔵ばっかり見てたせいで・・・・・




Uzuma1 このように古い景観を利用してまちなみを整える手法は、勝山のどこで使えるかな・・・・などと考えながら、視察の一日目を終えたのでした。





2006年10月16日 (月)

平泉寺

先日、青年会議所の委員会事業で、(仮称)おりものミュージアムとなる旧木下機業場と、平泉寺の三千坊発掘現場を見学してきました。


(仮称)おりものミュージアムについては、また月曜日に議会で見学に行くことになるので感想はその報告時に述べるとしましょう。




平泉寺には、久しぶりに行きました。


Photo_30
平泉寺の敷地内には、五感に訴えるものがあります。



苔と杉の香り、深とした静けさ、目に鮮やかな青。凛とした雰囲気に満ちています。




今回は、勝山市教育委員会にお願いして学芸員の宝珍氏に同行いただき、さまざまな説明を伺いました。おかげで、今まで知らなかったところ、見逃していたものなど新たな発見があり、大変勉強になりました。


うっかり写真を撮るのを忘れてしまいましたが、三千坊の発掘跡地も見事なものでした。


後は、これをどのようにして人々に見せるか。その見せ方が今後の問題になっていくのでしょう。


2006年10月12日 (木)

クマ

先日、テレビを見ていた家内が「クマが出た!」と大騒ぎしておりました。

クマが出ることくらい当たり前のご時勢に何事かと尋ねたところ、出た場所は家内の実家の傍でした。家内の実家は、大野の平野部にある在所です。そんなところにまでクマが出没するのかと私もびっくり。


クマに関して、もっとも聞かれるのは

「なぜ、捕獲したクマを山に返すのか」
という点です。確かに、せっかく捕まえたクマをわざわざ山に戻す必要があるのか、どうせ舞い戻ってくるのだから何らかの処分をすべきではないのか・・・・と思われる節がないでもありません。




実は、山に戻す行為は環境省からの指示にしたがっているのです。

環境省が、クマを山に戻すように指示する理由は次の2点です。
 (1)クマは繁殖力が弱い
 (2)クマは山の生態系の中で唯一の大型動物である
以上の点から、クマという種の保存のためにも山へ返すというわけですね。






環境省の言うことは理屈としてはわからないでもありませんが、クマが頻繁に出没する地域に住むわれわれとしては、この説明だけではどこか腑に落ちません。クマ保護と住民の安全とが矛盾する中、どこかで一線を引いてほしい気もします。

そこで、返す際にはタグを耳などに付けておき、タグ付のクマが再び捕獲された場合には、原則として有害鳥獣指定をするそうです。

基本的にクマは臆病な動物で人を恐れる動物ですが、タグ付のクマが再度捕獲されたということは、そのクマは人を恐れていないと考えるのですね。





個人的な感想を言わせてもらえば・・・・・・環境省の言い分もわかるのですが、山の生態系を云々するというのであれば、狼の絶滅がクマ出没の原因の最たるものだと私は考えています。

実は、今の山林生態系において肉食獣はいません。かつては狼が生態系の頂点に立つ形で君臨していましたが、現在では狼がいないため猿・鹿・猪、そしてクマを食する動物がいないのです。

絶滅した狼を復活させることはできません。それに代わるものとして犬を山に放してはどうでしょうか。

もっとも、そうなったなら今度は野犬の取り扱いを考えねばなりませんが・・・・・・でも、犬は棒で打てば引き返すんですけどね。クマと違って。












2006年10月10日 (火)

無我!

北朝鮮のミサイル関連の記事を漁っていたところ、妙な記事に出くわしました。


鳥羽市鳥羽の鳥羽水族館はこのほど、同館二階の人魚の海コーナー前通路で「アート水族館」を開き、海藻や海綿を体に付ける特性のカニに毛糸を与え、服を着ているように見せた「2006年秋のトレンド・カニコレ」など、動物たちが見せる芸術作品約二十点を展示した。十一月二十二日まで。

セイウチが筆を口に「無我」と書いた書道作品や、小さな貝や石を身の回りにくっつける「クマサカガイ」、砂の入った箱に石を置き、ヤドカリの足跡を水に見立てた小さな枯山水庭園など、〝個性豊かな〟作品があふれている。

修学旅行シーズンということもあり、小学生の団体が興味深そうに見ていた。
  





・・・・・・・セイウチが筆を口にくわえて書くとは!



早速、その書を拝見しましょう。

Photo_28














・・・・・・・・ある意味、無我。

っていうか、どう見ても、ロールシャッハ・テストにしか見えません。