« 雑感 | メイン | ふぅ  »

2007年1月31日 (水)

左義長ばやしの練習会に参加しました。



保存会会長から太鼓の叩き方の癖を修正されました。浮きの方に意識が行き過ぎて太鼓の叩き方がおかしくなってきているとのこと。確かに、昔できていたのに今はできなくなっていることがあります。その理由が納得いきました!

知らず知らず無意識のうちに癖というものはできあがっているようです。自分では気づかないだけに誰かが指摘してくれないとなかなか治らないのかもしれません。そして、そういう指摘をしてくれる人の存在は、本当にありがたいものです。

コメント

コメントを投稿