« 2007年2月 | メイン | 2007年4月 »

2007年3月に作成された記事

2007年3月31日 (土)

ようやく読書週間

左義長まつりも終わり、三月議会も終わり・・・・ようやく読書週間がやってきました。



とりあえず、今読んでいるのは北方謙三の『水滸伝』。

408746086x01_aa240_sclzzzzzzz__1
これは、単行本で出ていたのですが何せ17・8巻くらいあったはず。はやく文庫化されないものかとやきもきしていました。

この前、書店を覗いてみたところいつの間にか文庫化されていたようで、衝動買いをしてしまいました。




内容の方は・・・これは好き嫌いがはっきりと分かれるでしょうね。私はドンピシャではまりましたが「こんなの水滸伝じゃねぇよ」という声もおそらくはあることでしょう。




406196571909_aa140_scmzzzzzzz_
私が初めて水滸伝を読んだのは、中学2年生の頃でした。吉川英治の水滸伝ですね。

ただ、何となくその当時から不満に感じていたのは、キャラがすごい割にはボリュームに欠けるという点でした。

例えば、冒頭から豹子頭林沖、花和尚魯智深などのキャラが出てくるわけです。大暴れしますね。痛快です。

ところが、林沖なら林沖の、魯智深なら魯智深のエピソードが終わると、めっきりと登場回数が減るのが子供ながらに面白くなかったのです。「林沖はどこに行っちゃったの?」

そういう不満を解消してくれるという1点だけでも、北方謙三の『水滸伝』は読む価値があります。




内容も不満のない出来なのですが、単行本で4巻まで読み進んだ現在興味深いのは「関勝の扱いがどうなるのか」というところ。

ご存知三国志の関羽は絶大なる人気を誇っています。華僑がコミュニティをつくるところには必ずといってよいほど関帝廟が作られます。

それほどの人気を誇る関羽ですから、色々な物語にちょくちょくと顔を出すことになります。

吉川英治の水滸伝でも、必然性もなく「関羽の子孫だから」という理由で、関勝というキャラが「さしたる用事はなかりけど、呼ばれて来たるは・・・」みたいな感じで登場します。


果てさて、北方謙三の水滸伝では関勝はどうなるのか。それが興味深いところです。









さて、読書週間の2冊目として今とりくんでいるのが、『意図的社会変動の理論』。


413050141009_aa240_sclzzzzzzz_
この書の問題提起は実に明快です。

「政府や地方自治体の実施する社会計画が失敗することがあるのはなぜか。
 逆に、行政当局よりも動員できる資源が少ないと思われる住民運動が成功することがあるのはなぜか」



これをゲーム理論から出発して研究しようというのです。


ただ・・・・問題提起は明確なんですが、中身が明確ではない。
久しぶりに「ナッシュ均衡」や「完全ベイズ均衡」の文字を見ました・・・(;´∀`)・・・いたいなぁ・・・


もちろん、著者の問題提起が完全に理論化できるはずがないことは明らかです。現実問題を見ても「なぜあのプロジェクトが成功して、こっちのプロジェクトは失敗したのか」という原因が統一的に理論化できるはずがありません。

ただ、こういったものは思考のプロセスを学ぶのに役立ちます。多分。
そうでも思わなきゃ、読んでられません。








2007年3月25日 (日)

なんだかなぁ・・・

大相撲春場所・・・・今日の結びの一番。がっかりしました。横綱には横綱の相撲というものがあります。横綱が立会い変わってはたき込みなどというのは、納得できません。



そこでガックリ来ているところへ、あの優勝決定戦です。

北の海理事長が白鵬の横綱昇進について、「今場所以上の成績じゃないと、どういう話題になるか分からない」と語り、夏場所では13勝以上の優勝が昇進の条件になることを示すのも当然です。勝てばいいというのでは、大相撲は大相撲ではなくなってしまいます。

あの朝青龍を浴びせたおした白鵬の力強さを見たかったのに・・・・・



どうせ飛ぶのなら、これくらいは飛んで欲しかったです

2007年3月23日 (金)

学校のあり方検討委員会最終報告

平成16年から3か年に渡って開かれた『勝山市の小中学校の望ましいあり方検討委員会』から最終報告書が議会にあがってきました。

もちろん、この最終報告書は市民に広く公開される予定です。今回は、最終報告書の中のそのものズバリの『最終報告』のところだけ書き写します。


(1)地域に開かれた特色ある学校を作るために、総合的な学習の時間や学校行事等で地域人材を積極的に活用し、地域と学校の関係をより深め、地域に開かれた特色ある学校づくりを進める。




(2)検討委員会では、過去3年間にわたり、以下の検討を行ってきた。
①校区内の子どもの数が大きく減少している現実を説明し、広く意見を聞くために、各地区、市PTA連合会、小・中学校の保護者、幼稚園・保育園の保護者との対話集会を開き、各対話集会で出されたことについて検討してきた。

②小学校の統廃合のモデル3案を作り、それぞれの学校規模によるメリット・デメリットについて比較検討した。統廃合のモデル3案を基に、市内全幼稚園、保育園、小学校、中学校の保護者を対象に「小・中学校の統廃合に関するアンケート」を実施し、参考資料として検討を行った。

③県外の特認校制度の視察調査や他自治体の学校統廃合の事前調査を行い、勝山市の統廃合を考えるための参考とした。

④勝山市民に、「小・中学校の望ましいあり方」について理解を得るために、積極的に集会やホームページで情報を公開し、広く意見を聞いてきた。



(3)勝山市の望ましい将来的な形として、小学校においては、1学年2学級以上になる学校として、市内の小学校を3校とすることが望ましい。
 また、中学校においては、1学年に4学級以上ある学校に統廃合することが望ましい。



(4)小学校は、全校児童数が30人を続けて切る時、又は30人以上であっても統廃合を望む意見がある時は、その該当校区で検討委員会を設置する。
 中学校においては、1学年2学級を続けて切る時、又は1学年2学級以上であっても統廃合を望む意見がある時は、当該校区で検討委員会を設置する。
 そして当該校区で意見を集約した段階で、審議会を設置するかどうかを検討する。ただし、統廃合を実施する場合には、地域の同意と長期的な展望が必要である。



(5)小・中学校の統廃合を行うにあたっては、単に数あわせの統廃合をするだけではなく、勝山市の新しい小・中学校をつくるという考えから行っていくものとする。



(6)小・中学校の統廃合を進めるにあたっては、児童・生徒の通学方法等、各集会で出された要望や課題も考慮し慎重に検討する。




かなり突っ込んだ内容の最終報告書になりました。

私が気になったのは、(4)の「続けて」というところです。「続けて」とは具体的にどの程度の年数を指すのかという私の質問に対して、山教育長は「2~3年を目処として考えたい」と答えられました。



いずれにせよ、最終報告書は提出されました。まずは、市民の皆さんもご覧になってください。ここには記しませんでしたが、保護者のアンケートは無視できないものがあります。




2007年3月20日 (火)

リコールされた市長の2400日

辻かよえもん前鯖江市長が本を上梓されました。




428601432001_bo2204203200_pisitbdp500arr
帯に
『リコールされた市長の2400日』
『大衆主義の狡猾な装置としての市長解職の真実がここに史実となっている』
との煽り文句があるので、これは所謂暴露本なのかと思う方もいらっしゃることでしょう。

ですが、この本は改革を目指して様々な施策を行った市長の奮闘記です。恨みつらみが書かれているものではありません。




4年前のことです。告示の3週間前に急遽出馬することになった私は、出陣式に誰を呼べばよいのか誰が来てくれるのかすらわからない中、右往左往しながら靴の底を減らしていました。

そんな私の出陣式に快く来ていただいたのが辻氏でした。選挙戦も終わり、鯖江市役所へとお礼に行った際に間近でお話を伺いましたが、その圧倒的な情熱と施策の大胆さには驚いた記憶があります。一緒に伺った妻の言葉を借りるならば「オーラが違う」


その辻氏が書かれたのがこの本です。上の画像を見て勘の鋭い方は想像がつくでしょうが、アマゾンでも注文できますし県内の主要な本屋さんでも購入できます。

是非ご一読ください。



















2007年3月16日 (金)

またしても

またしても北陸政界に載ってしまいました(微苦笑)。

何と申しましょうか・・・・私の記憶違いでなければ、これで4度目となるはず。色々な使われ方をされています。





ちなみに、北陸政界中にあった山岸市長との会談内容は、昨年の9月22日付のブログに書いたものをベースにしたようです。この9月22日の記事は、読んでいただければお分かりになろうかと思いますが、内容自体はさほどのものでもありません。

2007年3月14日 (水)

勝山北部中学 卒業式

先日は、勝山北部中学校の卒業式に参加させていただきました。

いつ行っても卒業式は良いものですね。






どうでもいい話ですが・・・・実は、北部中学の体育館の入り口の規格は、私に合わせてあるんです(笑)。

私が中学生だった頃、授業中に「おい!松村。ちょっと体育館まで来い!」との呼び出しが。ナンだろうと訝しく思いながら体育館まで行くと、校長先生が「ちょっとそこに立て!」と言うじゃありませんか。訳もわからずに立ってみる私の傍らで、校長先生と業者さんが「この生徒で頭がつかえないんだから、高さとしてはこれくらいでいいんじゃないかな」と話し合っていました・・・・





とても素晴らしい卒業式でした。

ただ、最近の風潮なのでしょうか。子供たちの歌う歌がわかりません(涙)。
森山直太郎の『虹』といわれても・・・・



『仰げば尊し』は、時代に捨てられたのかな?残念です。

2007年3月12日 (月)

予算審議始まる

いよいよ3月議会も本日から平成19年度一般会計予算の審議に入ります。

ここからが長い長い予算審議の始まり始まり。理事者も議員も耐久マラソンの覚悟で臨んでいます。


この新年度予算を審議する全員審査特別委員会は、傍聴が可能です。どのような議論が行われているのか、是非一度お越しください。




※特に、某団体の理事会を経験されている方は必見です、いろんな意味で・・・・


2007年3月 8日 (木)

観光プロデューサー

昨日の3月定例議会は、一般質問でした。私も12番目に質問しました。


内容の概略については、本日付の福井新聞・県民福井をご覧いただければと思いますが、以下の3点につき、理事者の考えを問いました。

①事業仕分けの導入について
②市職員のインセンティブ導入について
③地域福祉バスの料金格差について




全ての一般質問が終了し昨日の本会議が終了した後、市長と会談しました。左義長まつりに修学旅行生を呼べないかどうかを話し合うためです。

関西圏の学校の修学旅行は、スキー合宿などの形態をとるところが少なくありません。ならば、左義長まつり―恐竜博物館―平泉寺―スキージャムといった形で修学旅行のツアーを組んでもらうことも可能なはず。「実際にやってみると、宿泊施設はどうなるだろう」等々の話をしていたのですが、そこから話は観光プロデューサーの話に。


勝山市は、今、外部から観光プロデューサーを招聘しようとしています。

私はこのプランには大賛成ですね。というのも、現在観光地として栄えている地域には、必ずと言ってよいくらいこういうプロデューサー的な人物がいるからです。

よく、まちづくりには
①ばか者
②よそ者
③切れ者
が必要だと言います。
(「ばか者」とは、馬車馬のようにまちづくりをする人という意味ですよ、念のため)

この②と③の役割を果たすのが観光プロデューサーです。


ただ、一点気になったのは、呼ぶのであれば中途半端なことをしてはならないということ。具体的には権限と報酬の面で破格の待遇で迎えなければならないということです。極端な話、私は観光プロデューサーの報酬は市長と同等かそれ以上でも構わないと思うのです。それくらいの待遇で迎えなければ人材は来ませんから。

山岸市長もこの点には十分気を配っておられる様子。楽しみです。



2007年3月 5日 (月)

左義長ばやし保存会 岡山公演

土曜日・日曜日と岡山へ行ってきました。

福井県の大物産展が岡山高島屋で行われ、そこで勝山左義長ばやしに出演要請がかかったためです。


土曜日の昼2時から出演があるため、朝6時に勝山を出発。バスに揺られて6時間の旅です。

基本的によほどのことがない限り、左義長ばやし保存会の遠征では電車を用いません。太鼓やのぼりなど運搬物が多いためです。そして、私はバス移動が苦手です(笑)。理由は言わずもがな・・・・


高島屋で準備されていたステージは、予想以上に狭いものでした。なにしろ、最前列のお客さんと私たちとの距離が、1メートル程度しかないのです。
「大丈夫か?これ・・・・」

そんな心配も、実際にオンステージになれば吹っ飛びました。距離が近い分、お客さんもノリノリで最後には全員手拍子で盛り上がります。この一体感は会場の狭さ(w)のおかげといえるでしょう。


岡山には「勝山町」という場所があります。町村合併で地名はどうなったかわかりませんが、来られたお客さんの中には「あれ?岡山県の勝山じゃないの?」という人もいらっしゃいました。
でも、そんなお客さんも福井のことを認識してくれたはず。見終わった方々からは「良かったよ~。今度福井に行くね!」とのお声が。


左義長ばやし保存会のメンバーは、基本的に出演料をいただきません。今回の岡山公演も宿泊料と交通費、そして弁当代は出していただきましたが、ボランティアでやるのが通常です。
(むしろ、年会費を払っている分、持ち出しの方が多いでしょうね)

そんなボランティアをやっているのは、何よりも「三度の飯より太鼓を叩かせろ」という人たちが集まっていることと、「今度の左義長まつりには、絶対行くからね!」という声が聞きたい。それだけでしょうね。





日曜日は、昼1時30分から2回公演。

午前中の空き時間を利用して、メンバー全員で倉敷観光。

Photo_42
駅を降りて商店街を歩く中で目にとまったのは、辻々にある活け花でした。竹に指した活け花は、観光客をもてなす心なのでしょう。

初めて訪れた倉敷ですが、これを見て期待大。








Photo_43
中国銀行前にいるメンバーを写してみました。

ここを起点に、メンバーは思い思いに移動しました。




保存会のメンバーは行く先々で次のようなものを物色します。
 ①左義長グッズ
 ②地酒(酒飲み限定)
①の左義長グッズは、要するに「左義長に使えそうなもの」ですね。お面であったり、キセルであったりするのですが、最も関心の高いものが「長襦袢(じゅばん)」ですね。

「あら、こんなところに襦袢売ってるよ」
この一言で、砂糖にむらがる蟻のように保存会のメンバーは縷々集まってきます。

みやげ物売り場の人もびっくりしていたそうです。なかなか襦袢は売れるものではありません。買っていくとしても外人さんがほとんどで、逆に外人さん向けに派手派手しいものが多くなって日本人は敬遠しがちです・・・・・・ところが、なぜか長襦袢を買い求めていく客が次から次へとやってくる・・・・・・・そりゃ、店員さんも驚いたでしょうね。特需ですから。


Kc330174
私は、残念ながらサイズに合う襦袢がないもので(笑)、もっぱら②の「地酒」専門です。

ただ、惜しむらくは倉敷に行ったのに「大山康晴記念館」に行かなかったこと。福井に帰ってふと気づきました。





2007年3月 2日 (金)

岡山で左義長

「越前若狭の物産と観光岡山展」が岡山の高島屋で開催されます。


Main_img
このイベントで左義長ばやし保存会が出演するため、今週末は岡山に行ってきます。