« 早すぎる死 | メイン | ホームページ、リニューアル »

2008年3月28日 (金)

葭田野様よりいただいたコメントに対して、お答えいたします。



会派というものが、なぜ存在するのか。これは、難しい問題です。

実は、この「会派とは何か」という問いに対して、明快な答えは用意されていません。法的には「議員の集合体」ということになるのでしょう。最近の判例を見ても、裁判官によってその捉え方はまちまちです。

むしろ、「会派とは何か」という問いよりも、「会派が何をするのか」という問いの方が重要なのでしょう。葭田野様の疑念もその辺りにあるのだろうと推察します。

これまで会派は、どちらかというと「数は力」の原理で押し切るものとして捉えられてきました。私はそれを否定するつもりはありません。なぜなら、「議会の中を変えていこう」とする際にも、実際に「力」は必要になってくるからです。真に重要なことは、「その力をもって何をなすのか」といえるのでしょう。


さて、「議会の中を変えていこう」という目標はあるのですが、具体的に何を変えるのかについては、いささか話が長くなりますし、論点が多岐に渡ります。

そこで、この場ではひとつだけ。

これまで議会は「議決だけをする機関」でした。例えば、3月議会に議案が提出されます。その議案を「可決するか、否決するか」の二者択一だけをする機関であったのです。もちろん、理事者に対して意見を述べたり、執行に対しての注文をつけることはいたします。

しかし、出てきた議案をひっくり返すことはなかなかできません。次年度予算案などはその典型例でしょう。予算案をひっくり返すということは、市長に対する不信任案と同様です。

これは、本来的におかしなことだと私は考えていました。私たち議員は、市民の代表者として議場に立ちます。市民の求めるもの、市民の意見を市政に反映させることが私たちの仕事であるにもかかわらず、肝心の予算案に我々の意見は反映される場が無い。

まずは、この点から変えていきたいと考えています。




それと、もうひとつ。

「数」を頼みに、私腹を肥やすという会派は「親分―子分」の関係がきっちりしています。少なくとも、私の属する会派はそのような関係がありません。

だって、会長である私が議員の中で最も若造なんですから。^^;








もうひとつのコメントで取り上げられた「おりものミュージアム(仮称)」についてですが、この建物の本来の目的は「文化財としての保存」にあります。

かつて、勝山は煙草の生産地として名を馳せていました。しかし、そのことを知る若者は多くはありません。私も知識としては知っていますが、果たしてどの程度のものであったのかはさっぱりわかりません。なぜなら、往時の姿を残すものが何もないからです。

繊維産業が勝山からなくなるとは思えませんが、それでも次の世代に「繊維王国 勝山」の姿を示す建造物を残すことは必要でしょう。

その意味において、私は「おりものミュージアム(仮称)」を残すことに賛成なのです。


ただ、そこから一歩進めると、話がややこしくなります。

あの建物を観光の起点にするのか、エコミュージアムの発信地にするのか、それとも歴史を示す展示場にするのか・・・・様々な目的・用途を詰め込みすぎて、何となく焦点がぼやけてきているような気がします。

新年度から「立ち上げの準備室」が設置されますが、このぼやけた焦点のピント合わせをどのようにするのか・・・・これは難しい問題だと思います。


コメント

そうなのです。そこのところを、将来にわたって、慎重に体制の見極めをした上で、計画を立てないと結局将来赤字負担の財政の重荷となって、行くからです。周辺商業施設の、相次ぐ撤退、取り壊しを
視ていると、本当に大丈夫かと、懸念する思いが大きいからです。
話変わりますが、ホームページのリニューアル、なかなかいいですね。只、年寄りには、まだまだ専門用語が多くて、文章をきっちり理解するのに、大変です。その上に、一回位聞いても、なかなか憶えられなくて、理解できなくて、と言う、厄介な種族でもありまして。

コメントを投稿