« 2008年3月 | メイン | 2008年5月 »

2008年4月に作成された記事

2008年4月25日 (金)

乳幼児医療費助成制度の拡充

最近は、もっぱら「乳幼児の医療費助成制度の拡充」について検討していました。

現在は、6歳にまで子供の医療費が無料になっているのですが、この助成制度を
(1)小学校3年生まで
(2)小学校6年生まで
(3)中学校3年生まで
拡充した際に、勝山市の財政負担がどれくらい増えるのかを試算していました。

何が苦労したかと申しますと、計算自体は何ら難しいものではなかったのですが、基礎となるデーターが全くといってよいくらい存在しなかったこと。国保連にあたっても、県にあたっても基礎データーがないんですね。

その試算結果については、以下をどうぞ。


http://kore.mitene.or.jp/~harukado/tyousa-kentou/iryouhi-muryou/iryouhi-muryou.pdf


ただ、私がひとつ懸念しているのは、仮に医療費助成が拡充されたとして、老人医療費と同様の結果をもたらすのではないかということ。

高齢者の医療費を無料にしたことによって、病院はサロンと化しました。ちょっとした病気で病院に通う・・・・もとより、病気になったら病院に行くのは構わないのです。ただ、「ちょっと、程度を考えてもらえないだろうか」といった声を、当のお医者さんから聞くと、考えてしまうのですね。「果たしてこれでよかったのか」と。

(後期高齢医療制度が導入されたことにより、4月から有料にはなったものの、「これが唯一の正解だったのか?」と、再び考えるのですが・・・)


この高齢者医療費無料と同様のことが、少なからず、乳幼児医療でも起きています。何でもないことでも、「とにかく医者!無料なのだから、行かなきゃ損!」と、駆け込む親たちがいる。

果たして、乳幼児医療費助成には、ある程度のフィルターをかけるべきなのか否か・・・・悩ましいところです。


  
■松村治門ホームページもご覧ください■





2008年4月10日 (木)

マメな男

今日はあいにくの雨模様ですが、春らしい陽気が続いています。


陽気に誘われて、我が家の息子たちも近所の公園に行きたがります。


連れて行くと、近所の子供たちも。いっしょになってブランコやら滑り台で楽しんでいる姿を見るのは、微笑ましいものです。



すると、下の息子が何やらもぞもぞと地面をいじっていたかと思ったら、同じ歳の女の子のところへトコトコと歩いていくではありませんか。

「・・・・・?」


何をやってるのだろうと近寄って見てみると、




Photo


・・・・画面ではわかりにくいのですが、どうやら花を摘んでいた様子。


それを女の子にプレゼントしていたのですね。











息子よ、一体誰に似たんだ?パパはそんなにマメじゃなかったぞ?

\(*⌒0⌒)bがんばっ♪




         ■松村治門ホームページもご覧ください■





2008年4月 9日 (水)

お花まつり

昨日は、潅仏会(かんぶつえ)。

「潅仏会」と聞いても、「なにそれ?」と思われる方もいるかもしれません。

簡単に申すなら「お釈迦様の誕生日」。


ちなみに、この潅仏会は「花まつり」と呼ばれますが、これは明治期に浄土真宗が広めた表現です。



Photo

さて、サンプラザ前では、恒例の、勝山市仏教会による「花まつり」が行われていました。

子供たちが、甘茶を仏像にかけていました。












余談ですが、「おしゃかになる」という表現があります。「ダメになる」という意味ですが、これも語源はこの潅仏会にあるとのこと。

元々、この言葉はむかしの鋳物職人の隠語でした。

鋳物を作る際には、火加減がものすごく重要になるそうです。あまりにも火が強すぎると、あぶりすぎで鋳物がダメになってしまう。

そうなったときに、職人さんたちはぼやくわけです。
「ああ、火が強かったかぁ・・・・」

さて、江戸っ子は「ひ」と「し」の区別がつきません。
 「ああ、火が強かったかぁ・・・・」
という言葉は、
 「ああ、しが強かったかぁ・・・・・」
になります。

「しが強かった」→「しがつよかった」→「しがつ、よかった」→「しがつ、よおかった」→「四月八日」→「潅仏会」→「おしゃかさま」

というわけですね。


昔の人の、言葉に対する感性ってすごいものがあります。
(というか、我々が鈍感になってしまったのかもしれません)






■松村治門ホームページもご覧ください■






2008年4月 7日 (月)

ご入学おめでとうございます!!

本日は、小学校・中学校の入学式。

午前中は北郷小学校の入学式に参加しました。




Photo
私は卒業式を見るのが好きなのですが、入学式を見るのも大好きです。



新1年生は、慣れない式典に緊張しながらも一生懸命がんばって参加します。


その姿を見ていると、ほのぼのするだけでなく、何となくこちらにまで力をもらったような気がします。






滞りなく式典が終わった後は、お巡りさんによる交通指導。

北郷駐在所のお巡りさんが、新1年生に交通指導をするのですが・・・・・前々から、「このお巡りさん、誰かに似てるなぁ」と思っていたのですが、今日、ハタと膝を打ちました。




Morganfreeman_2 
モーガン・フリーマン。

いや、本当に似てるんですって。渋いです。














Photo_2


何はともあれ、新一年生の皆さん。ご入学おめでとう。

皆さんの前途を祝うように、桜もきれいに咲いていました。


















■松村治門HPもご覧ください■

乙女心はむずかしい・・・です。

先だっての車中での妻との会話。


妻:「ちょっと忘れ物したから、寄ってもいい?」

私:「えっ?何忘れたの?」

妻:「いいや、また『何でそんなもの忘れるの?』って言われるから」

私:「・・・・言わないから。何忘れたの?」

妻:「いいよ。別に」

私:「言わないから。何を忘れたの?」

妻:「・・・・女の命!」

私:「・・・・・(沈思黙考)・・・・・・お菓子?」


怒られました(涙)。

乙女心は難しいです、ハイ。^^;





■松村治門ホームページもご覧ください■



2008年4月 3日 (木)

武士語

皆さんは、「武士語」をご存知でしょうか。

なにやら最近はやっているそうで。

「もんじろう」というところで、やっているものなのですが、通常の日本語を入力すると「武士が使いそうな言葉」に変換してくれるというもの。これでメールをするわけです。

どんな風に変換されるかは、下のところでお試しください。





ちなみに、この上の画面の「変換したい言葉を入力してください」の部分に、適当な文章を入れてみてください。そして「変換」ボタンを押すと「武士語」になってでてきます。

例えば、
「ごめんなさい。今日は遅刻しました」→「かたじけない。けふは遅刻し奉りました」
というように変換されます。




まあ、武士ですので、当然次のような変換がされることになります。
 「首相」→「上様」

 「知事」→「大名」

それじゃ、「社長」はどうなるのかと思ったら、やっぱり「上様」になっていました(笑)。

それじゃ「部長は?」と思って入力してみたら・・・・(後は皆さんで入力してみてください)
「支店長」なんてのも面白かったです。



ちなみに、変換によっては変なものも。

「朝日新聞」→「夜明け日瓦版」

「中国」→「清国」




ところで、上の画面のスクロール部分をいじると「
ヤンキー語」というものがでてきます。

ためしに、「ごめんなさい。風邪をひいたので、今日は会社を休みます」という文章を入力・変換してみたら・・・

「誤雌雲南鎖威。伽是を碑威汰ので、凶(きょう)は伽威車を休みます」

・・・(≧ヘ≦) ムゥ

なるほど、ヤンキー語とは、「夜露死苦(よろしく)」の世界でした。






2008年4月 2日 (水)

入園式

昨日は、北郷わしのこ保育園の入園式でした。


本年度、父母の会の会長をさせていただくことになり、早速の初仕事です。




Photo

子供たちの元気な声が響く中、入園式は滞りなく行われました。



しかし・・・・仕事柄、色々なところで挨拶やら演説やらをしてきましたが、子供相手の挨拶は初めてのことで緊張しました(笑)。

2008年4月 1日 (火)

HPリニューアル その3

またまた、HPリニューアルの話で申し訳ありません。^^;


リニューアル前のHPにあった『日々是口実(雑記)』を、新しいHPへ順次移動しているところです。

久しぶりに眺めてみると、「ああ、そういった事件があったなぁ」と懐かしく思い出されます。



大長山で関学ワンダーフォーゲル部が遭難する事件がありましたね。
そういえば、小泉今日子って離婚してたんですね。


私は議員になる前から「男女共同参画ウオッチャー」でしたので、初期の『日々是口実』は男女共同参画ネタが多い(ほとんど?)です。

勝山市も男女共同参画条例を制定し、いよいよ本格的に男女共同参画を推し進めるとのこと。6月議会の一般質問では、この話題に触れねばと思っています。

基本的に、私は男女平等には賛成です。例えば、賃金・・・保母さんの給与所得が低いなんてのは、何としても是正しなければと思っています。ただ、男女平等と男女共同参画は根本的に違うんですね。

ちなみに、皆さんは『男女平等と男女共同参画の違いは何ですか?』と問われて答えられますか?



・・・それと、ご存知です?旧・武生市では、めちゃめちゃな男女共同参画が実施されて、国会(衆議院)でも問題になったくらいなんです。

案外、近いところまで押し寄せて来てるのです。




過去の『日々是口実』を読んでいると、「ああ・・」と思う記事があります。

個人的に気には、『だけど、涙がでちゃう・・・女の子だもん』が思い入れが強いです。
『部長、今日はFカップですか?・・・トホホ』では、一部のマニアから激烈な抗議を受けました(苦笑)。これも、今となっては懐かしい思い出です。

ちなみに、今回アップしたのは、過去の25記事。残りも順次アップしていきます。