« 2009年3月 | メイン | 2009年7月 »

2009年6月に作成された記事

2009年6月23日 (火)

人工冬眠への挑戦

51r2bcdtapal__sl500_aa240_
「人工冬眠」への挑戦。読了。


人工冬眠といえば、ワープ航法と並んでSFではメジャーな技術です。この人工冬眠の研究家である著者は、愉快な実例をひきながら冬眠という行為の不思議さ・その応用範囲の広さを説明していきます。




何しろ、読んでいくと目からウロコ。 flair

例えば、本書では、冬眠する哺乳類の代表例として、リスと熊が挙げられています。

私は、リスは冬の間、ずーっと冬眠しているものだと思っていました。ところが、冬眠中のリスは、2週間おきに20時間だけ体温を戻して活性化するとのこと。

一見すると、この行為は無駄のように思えます。体温を上げる・下げるという行為自体がエネルギーを使うのですから。「なぜ、そんな無駄なことをするのか」本書によれば、「寝不足にならないため」なのです。冬眠と睡眠は全く異なる行為ですので、冬眠したままだと寝不足になってしまう。それを回避するために、2週間おきに20時間体温を戻すのだと。そして、冬眠をするために蓄えられたエネルギーの9割が、この作業に費やされているのです。

もうひとつは、熊の事例。熊は蓄えた用いて冬眠するのですが、冬眠中で1日に使うエネルギー量は4000kcal。これだけのエネルギーをひたすら放出していたのでは無駄が多いので、エネルギーやタンパク質・カルシウムをリサイクルしながら冬眠を続けるそうです。睡眠・冬眠・代謝。いずれも実に不思議なものだと実感させられます。

人工冬眠研究の専門家である著者は、本書の末尾で「人工冬眠は必ず実現する」と断言しています。そこへ至る技術的過程や、課題などが本書では手を変え品を変え、飽きさせることなく盛り込まれています。

2009年6月22日 (月)

消防操法 お披露目 激励会

先の土曜日に、消防操法のお披露目・激励会が行われました。

県内自治体を代表する消防団が集まり、その技術を競う大会が毎年7月に行われます。この消防操法大会に向けて、今年は勝山市消防団第2分団の精鋭たちが日々練習に励まれています。


Photo

何しろ、月曜日から土曜日まで毎日朝4時30分に選手たちは集合して練習を重ねているのです。その労苦は想像するに余りあります。







7月の本番に向けて、残り1ヶ月。くれぐれも怪我には注意されて頑張ってください。happy01

手詰まり感の打開

自民党に対する逆風は未だ弱まることを知らず、政権交代はもはや自明のことのようにマスコミは報道しています。

しかし、なにやらマスコミも集団ヒステリーのように政権交代を煽っているようにしか見えません。政権交代さえあれば世の中うまく行くかのような論調すら見え隠れします。

一歩下がってその馬鹿騒ぎを見るにつれ、我が国には真の意味での政権交代がなかったことのツケがまわってきたのかなと考えたりもします。

55年の大合併により自由党と民主党が自民党になって以来、日本では本格的な政権交代はただの一度としてありませんでした。確かに、細川護煕を首班とする日本新党が政権を獲ったことはあります。自社さきがけによる連立政権が誕生したこともありました。しかし、これらの政界再編劇のテーマは、いずれも「非自民」でしかありません。
 「新しい政権になれば、何か変わったことが起きるかも知れない」
ただ、それだけなのです。

本来、政権の交代とは「政策の変更」を意味する事態です。これまでの政策では日本はダメになる。だから、新しい政策を行うべきなのだと。

ならば、民主党は日本をどのような方向へともっていきたいのでしょうか。そこが今ひとつ見えてこないのです。もちろん、「だから自民党が良い」という議論にはなりません。私自身は自民党員ではありますが、だから手放しで自民党を応援するのだというスタンスには到底立ちえません。

「自民党は頑張っているのだろうけれど、でも自民党まかせにしておいて良いのか。さりとて民主党に変えたからといって劇的によくなるわけでもあるまい。単に自民を倒せば日本が変わるという幻想は抱いていない」
という感覚が、大方の国民の反応ではないかと感じます。しかし、この感覚を一言で表すならば「手詰まり」に他なりません。

この「手詰まり感」をどのように打開していけばいいのでしょうか。

数回に渡って、この問題について考えていきたいと思います。

2009年6月21日 (日)

おいでねんせカッチャマ 誕生!

最近のことですが、勝山の情報発信をするサイトを立ち上げました。今年の3月頭からこのサイト開設に向けて忙しく動いておりましたが、ようやくベータ版coldsweats01ができたので公開するに至りました。good

その名も「
おいでねんせカッチャマ」。

今まで、勝山の有志により様々な情報発信サイトが運営されてきました。それぞれに素晴らしく目を見張る特徴があります。

ならば、敢えて新しいサイトを立ち上げる必要があるのか?という疑問は当然に出てくることでしょう。もちろん、私たちもその点については色々と議論を重ねてきました。

①情報を集約すること 
観光客が勝山を訪れたいと思うときに、何が知りたいのでしょうか。
 (a)勝山ってどんなところ?(勝山の観光地や遊ぶ・食べる・買う・休むなどの情報)
 (b)どんなイベントが開かれるの?(イベント情報)

これら情報集約は必要になります。ただ、今回のベータ版ではまだここまで対応できていません。これから情報収集並びにイベントカレンダーを作成していきます。

②ストーリーの発信&旅のおとも
基本的に私たちがイメージしたのは「
ぶらり勝山ひとり旅」でした。その人たちへのサポートとしてこのサイトを位置づけています。

ならば、「ぶらり勝山ひとり旅」をする人たちは何を求めるのでしょうか。
例えば、尾道を訪れる人々のことを考えてみましょう。広島県尾道は、大林宣彦監督による尾道三部作と呼ばれる映画の舞台地です。そのストーリーに重ね合わせる形で尾道を訪れる観光客は、今も後を絶ちません。

すごい建物、すごい風景はそれだけで人々を感動させます。ですが、そこにストーリーが加われば、感動はさらに増すことでしょう。そこで、勝山に伝わる物語を「
勝山物語」としてまとめていきます。
 今のところ、勝山物語は
  ①勝山城主列伝
  ②平泉寺物語(第1部)
  ③巨木めぐり(第1部)
  ④勝山恐竜物語
  ⑤畑時能物語
の5話をアップしてありますが、これからも適宜更新していきます。

さて、これらストーリーを旅のおともにして勝山をぶらり散策しようとするときに、「どれくらいの時間がかかるのだろうか」ということは気になるモノです。
そこで、「A地点でアレを見て、Bで蕎麦をたぐって、Cまで行こうとするとどれくらいの時間になるのだろうか」という計算もHP上でできるようにしていきます(現在、作業中)。世の中には「鉄道マニア(てっちゃん)」と呼ばれる人たちがいますが、この中に「時刻表テツ」がいます。時刻表を眺めて「あそこへ行って、ここに行って」という想像を楽しむ人々ですが、そういった想像上の勝山旅行をサイト上で楽しんで欲しいと思います。もちろん、ネット上での旅行を楽しんだ後は、実際に勝山に来ていただきたいのですが。


また、ストーリーの発信は勝山物語だけではありません。「勝山って、こんな楽しみもできるんですよ」という楽しみ方の発信もしていきます。それが「
勝山遊び天国」です。
まあ、これは私たち自身が勝山を満喫して、それを「皆さんもどうですか?」と発信していくのですが、詰まるところ、私たち自身が楽しみたいということです。happy02

まだまだ完成型にはほど遠いのですが、色々なご意見をいただきながら良いものにしていきたいです。

きつ~い一言

家内が、私の側にやってきてひとこと。

「痩せたよ」

おおっ、痩せたのか!何キロやせた?

「4キロほど」

やるねぇ、大したもんだ。とその労苦をねぎらっていると、傍らにいた5歳の長男が嫁に向かって

「でぶっちょなのに、やせたの?」

・・・(凍る空気)・・・(耐えられない沈黙coldsweats02)・・・・子供って、容赦ない。crying

2009年6月20日 (土)

総合体育館建設

  木曜日に開催された総務文教構成員会において、「総合体育館のあり方検討委員会」が議題にのぼってきました。


平成30年に開催予定の福井国体に向けて、勝山市でもバドミントンなどの競技誘致をしたいのですが、そのためには既存の体育施設では不十分であることは言うまでもありません。そこで、新たに総合体育館の建設も視野に入れて、まずはこの検討委員会にて基礎的な話し合いをすることになっています。

総合体育館の建設。これは、勝山市民のスポーツ愛好者にとっては悲願ともいえるものです。
私だって、欲しいです。総合体育館。

しかし、その前によく考えてもらいたいのは、これはおそらく勝山市にとって最後の、そして最大級のハコモノだということです。おそらく、バドミントンの国体が開ける総合体育館ともなれば、30億円は見込まなければならないでしょう。そこに国の補助が3分の1ですから、勝山市が負担しなければならない財政的負担は20億円ということになります。

20億・・・これを20年間で償還していくとしても、年間1億2千万円程度は払い続けなければなりません。そして、施設維持費用として年間数千万はかかるはずですから、体育館について毎年1億5000万~7000万程度の支出は覚悟しなくてはならないのです。




Photo_3
しかも、20年間と簡単に言いましたが、20年後の勝山市の人口は、毎年1億5000万円以上を負担する財政能力がありません。

平成30年。すなわち、2018年から償還をスタートして20年間払うということは、2038年に払い終えるということを意味します。

そのくらいになれば、勝山市の人口は1万5000人にまで落ち込んでいるのです。





繰り返しますが、総合体育館の建設そのものは素晴らしいことです。私だって、欲しい。

しかし、これだけの建物をエイヤァで建ててしまっては、将来に重大な禍根を残すことになりかねません。

まずは、冷静になって色々な視点から考えてみましょう。

私たちは総合体育館を建てて何をしたいのでしょうか。
 「全国大会を開きたい」
 「勝山の各種競技を強化したい」
 「市民スポーツを活性化させたい」・・・etc
そして、果たしてそれらは総合体育館なしには実現しえないことなのでしょうか。


私は、議会人として自分のなした決議には責任を持つことを心に決めています。はたや記念館「ゆめおーれ勝山」についても、私は必要と考え、決議においては賛成にまわりました。賛成にまわった以上は、ゆめおーれの活性化に向けて努力しなければなりませんし、現に努力しているところです。

この総合体育館建設については、今の段階では賛成とも反対とも言いかねます。他市の状況なども調査していかねばなりません。例えば、大野市のエクサイトなどはどうでしょうか。建設費用の償還は?毎年の維持費用は?

これら調査結果は、その都度ブログやHPにて皆様にも報告していきます。

ほ、ほ、ほーたる来い

昨日の夜10時頃に、北郷町のとある場所で蛍の写真を撮ってきました。

とは言っても、写真を撮ったのは私ではありません。私はガイド。


いやあ、すごかったsign03

来週がピークだと思われるのでもう1回行くことにします。

地下鉄サリン戦記

51rd6ex5b5l__ss500_ 9・11といえば、誰しも「同時多発テロ」を思い浮かべることでしょう。ならば、3・20といえば?

 1995年3月20日。通勤ラッシュの東京にサリンが撒かれるという「同時多発テロ」が発生ました。事件当時、著者は旧陸軍近衛歩兵連隊の流れをくむ第32普通科連隊の連隊長でした。

本書は、3・20の長い長い1日の記録を著者の記録やかつての同僚・部下の証言でつづる、まさに「戦記」です。







 「都内に毒物が撒かれた」という連隊長への第一報は、当初、現場の隊員にも深刻に受け止められませんでした。「それは警察の仕事だろう」 ですが、事態は死者12人・重軽傷者5500人以上を数える未曾有のバイオテロの様相を呈してきます。
 どのような毒物が撒かれたのかも正確に把握できない現場。そこへ部下を送り込まねばならない指揮官の苦悩。地下鉄構内へと入る隊員の恐怖。「これはひょっとすると戦後初の治安出動になるのか?」という制度面での不安と混乱。

 「戦記」とは文字通り戦闘の記録です。そして、このサリンにまつわる騒動を当時の自衛官たちが「戦闘」と認識したのであれば、次に考えるのは当然に「第二波攻撃はあるのか、ないのか」ということでしょう。地下鉄サリンがオウムによる「奇襲」であるならば、次に来るのは本格的な侵攻です。
 もちろん、現在の我々は二の矢が飛んでこなかったことを知っています。しかし、あの日の騒然とした雰囲気ならば「毒物散布で都内に混乱をもたらした後に、本格的な攻撃が来る」と考えるのはむしろ当然でしょう。そして、この書では、オウムの本格的侵攻に備えた「幻の作戦計画」の存在が明らかにされています。
 サティアンのあった上九一色村と教団施設があった都内を主戦場と想定したこの計画は、第一師団総力による戦闘計画であって、自衛隊史上類を見ない治安出動といえます。

 既に地下鉄サリン事件は、単なる「事件」として風化の一途を辿っています。しかし、海外では単なる事件としてではなく「バイオテロ」としてとらえ、万が一自国に起きた場合の対応策整備に余念がありません。「当事者であった我が国では、あのテロ事件の教訓が活かされているのか」という著者の訴えは重く響きます。

クリーンアップ九頭竜川

九頭竜川をきれいにしよう、この川を日本一の清流にしようと(社)勝山青年会議所が主催となって行っているクリーンアップ九頭竜川も本年で5年目を迎えます。

7月3日に事前説明会を行うので参加いただきたいとの文書が、(社)勝山青年会議所から送られてきました。

ええ、もちろん参加いたしますとも。happy01

これは勝山だけでなくどこのJCも同じなのですが、会員減少に歯止めがかからず、今やメンバーは24人。クリーンアップ九頭竜川は、弁天会場・大阪特殊合金前会場・勝山南大橋会場・保田会場・小舟渡会場・坂東島会場の市内6会場を清掃箇所としています。これだけの会場を24人のメンバーで統率することは不可能に近く、ボランティアスタッフを招かねば運営はできません。

卒業したメンバーにも、どんどん声かけしていってボランティアスタッフとして使ってもらえればいいと思いますね。
(現役メンバーは嫌がるかもしれませんがcoldsweats01

2009年6月12日 (金)

腰痛持ち

元々、腰痛持ちなのですが、最近痛みが激しくなってきました。weep
原因はよ~くわかっています。体がゆがんでいるから。何しろ、歩いていても自分でわかるくらいに体が傾いています。

5月の終わり頃に、岐阜の多治見で開かれた環境自治体都市会議に参加したときなどは状態は最悪でした。この会議は、環境問題に取り組んでいる自治体が一同に会する全国会議です。勝山市も3年後の誘致を目指して精力的に活動中でして・・・ならば、まずはどのようなものかを見に行こうと出かけたのでした。

私が参加した分科会は「公共交通」がテーマ。環境問題を考える上で、車社会をどうするのかは重大な問題です。ところが、分科会が始まって、やったことは「ひたすら歩く」。テクテクと多治見の郊外を歩くこと2時間半。しかも雨がしとしとと降りそぼる中を。
 なぜ歩くのか。それは歩くことが究極のエコだからですって。bearing
まあ、それは冗談だったのでしょうが、なぜ歩かせられたのかは最後までよくわからないままでした。今思い返すと、あの2時間半の革靴ウォークが腰にクリティカルダメージを与えました。

こりゃ何とかしなければ・・・と、勝山出身で福井で開業されている先生のカイロプラクティクに行っています。初めて行ったときには、にこやかに「いや~、見事に曲がってますねえ」と言われました。coldsweats01

本日で3回目。ようやく背骨がまっすぐになってきました。


しかし、カイロプラクティックは保険がきかないのが最大の難点です。やっぱり整形外科のお医者さんの猛反対があるのかなぁ。