« 6月定例会 全員審査特別委員会 | メイン | 手詰まり感の打開 その2 資本主義の未来とケインズに想うこと »

2009年6月25日 (木)

NHKに対して集団訴訟

NHKが視聴者から訴えられるという、トンデモない事態が発生しています。


4月5日に、日本の台湾統治を取り上げたNHKスペシャル「アジアの“一等国”」があまりにも偏向しすぎているというので、放送法や受信契約に違反する番組により精神被害を受けたとして、視聴者たちが25日にNHKに約8300万円の損害賠償を求める訴えを起こすことがわかったのです。

原告となる視聴者の数は、実に8300人。


私自身はこの番組を見ていなかったのでその内容について云々する資格はないのです。ですので、この番組のことが話題になるときは
「まあ、NHKのことですから偏向番組くらいは作るだろう」
程度に考えていました。

しかし、識者たちの話を聞いていると、並の偏向ぶりではなかったようで、台湾人であり台湾史研究の専門家の黄文雄教授も「事実がひとつもない」といたく憤慨されていました。

例えば、「台湾は漢民族」といった誤った認識。これは、「北海道は、古来より大和民族」と言うに等しく、台湾に関する基本的な知識すらない人間の台詞です。ちなみに、「台湾は漢民族」という台詞は、少しでも中国史・台湾史を知っている人間なら思いもしないものです。もしくは、こういった台詞を吐くのは、
 
中国共産党
なんですね。つまり、NHKは台湾についてまるっきり知らないで番組を制作したか、もしくは中国共産党の片棒を担いで作ったかのいずれであることを公に表明してしまったのです。

こういった誤った認識だけでなく、現地台湾人のインタビューを恣意的に編集し、日本の台湾統治がいかにも悪かったのだと印象づけようとしていることを黄教授は指摘しています。
加えて、教授は次のような報道のあり方は大問題だと指摘しています。
 
「日台戦争」
いつ日本と台湾は戦争をしたのでしょうか。このNHKの造語には、新たな歴史認識(中共寄りの)を感じます。





さて、そこで頭に来た人たちが集団提訴に踏み切ったというわけですが・・・まあ、これは左翼系市民団体の常套手段です。裁判所に訴えて、世間の耳目を集めるというのは。

そこで私が注目しているのは、NHKに対する集団訴訟をマスコミは取り上げるのでしょうか。おそらく週刊新潮・文春などの週刊誌メディアは取り上げることでしょう。しかし、TV局は取り上げないでしょうね。

マスコミなんて、人のことを叩くときだけは威勢が良いくせに、自分たちの業界のことになるとからっきしダメですから。

コメント

コメントを投稿