« マイケル死す | メイン | 手詰まり感の打開 その5 構造改革が必然的にもたらす生活不安 »

2009年6月30日 (火)

交通対策協議会

昨日は、勝山市交通対策協議会に出席しました。


平成15年に小泉首相が
「交通事故死亡者を10年間で年間5000人にまで減らす」
と宣言してから、交通関連法令の厳罰化や取り締まりの強化により、年々交通事故死亡者数は減っています。

ついに昨年度は全国で5500人にまで減りました。これは40%近く減ったことになります。


山口勝山警察署長さんのお話では、「平成25年までに5000人を切る」というところまでもう少しに迫っているのですが、もはや警察単体でできることはしつくしたとのこと。

つまり、ここから先は皆さんそれぞれの努力にかかっているということです。


あと、署長からのお願いで、「りゅーぴーネット」へ登録いただきたいとのことです。これは福井県警が主催しているもので、不審者情報・交通安全情報・犯罪情報などがリアルタイムで配信されるものです。

興味のある方は、
こちらからどうぞ。


さて、もうひとつ。

前々から危険だなと感じていたことです。

携帯メールをしながら自転車に乗る高校生

実は、私の知人(お年寄り)もあれに正面からぶつけられて、あわや大惨事になりかけたことがあります。あれは何とかならんもんですか?と署長に尋ねたところ。

 
赤キップ切りますか?

と、思わぬお答えが。coldsweats02

道交法上は自転車も軽車両ですので、赤キップの対象になるとのこと。罰金は2万円。

皆さんも、メールしている高校生を見つけたら注意してあげてくださいね。本人のためでもありますし、歩行者の安全のためでもあります。


ちなみに、私も注意したことはあります。あるんですが、まるで不審者に相対するような目で見られました。
「え~、なんで~」とちょっぴりヘコんだ経験があります。crying

コメント

コメントを投稿