« 平成21年度 水防訓練 | メイン | 手詰まり感の打開 その4 ケインズの処方箋と山岸市長のスローライフ »

2009年6月28日 (日)

東国原知事の動向

水防訓練から戻って、何気なくテレビを見ていると東国原知事の動向が取り上げられていました。

最近ニュースを見ていなかったモノで初耳だったのですが、coldsweats01 なにやら知事は国政に並々ならぬ関心がおありとのこと。

しかもTV局のインタビューに答えて、「宮崎県での改革路線は道筋をつけた。国政に関心がないわけではない」などと回答していました。

どうやら彼にとって、宮崎県知事というポストは「政治家東国原がのし上がっていくためのステップのひとつ」でしかないようです。改革は改革路線に道をつけた・つけないという次元で語られるものではありません。県民の目にも「改革は完了した」というところまでやり抜くことが最も難しいのです。
逆説的に言うならば、「改革路線に道をつけた。だからもうだいじょうぶ」と東国原知事が言うのであるならば、もはや東国原知事でなくともいいわけです。別な人を知事に据えれば良い。


これまでもマスコミへの露出が多い人ですが、それもこれも「宮崎県の知名度を上げたいがため」ということで納得できました。しかし、今回の騒動で何となく底が見えたような気がします。

この知事の同行を、当の宮崎県民はどのような想いで眺めているのでしょうか?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/228173/20383201

東国原知事の動向を参照しているブログ:

コメント

チェリーボーイ

熟女淫乱

S EXフレンド

愛人募集

騎上位

出張ホスト

出張ホスト

コメントを投稿