« 松村家のお出迎え | メイン | 人知れず日本の国旗を守ってくれたイラク人、そして守れぬ民主党・マスコミ »

2009年8月20日 (木)

雑感

先日のお昼過ぎに教育会館を訪れると、子供たちの集団が。



Jc
(社)勝山青年会議所が関西学院大学・勝山市とコラボして行っている青少年育成事業の受付でした。


これまで勝山JCは単独で青少年育成事業を開催してきましたが、今回は共催事業で行うそうです。


会員数が減少してくると大変です。








ここのところ、毎日のように「ゆめおーれ勝山」を訪れています。中に入ることはほとんどありません(ひととおり見たので)。



私が通い詰めているのは、もっぱら「エグエグ」の方です。ここでお茶をして英気を養うのが最近の日課です。






昨日のこと。いつものようにアイスコーヒーを飲んでいる私の目の前に、なにやら見慣れた物体が・・・・・・・



Photo

あれあれ?


恐竜博士がなぜ「ゆめおーれ」に?happy01



恐竜博士についてご存じない方のために、蛇足な説明をするとですね。
恐竜博士は、福井県立恐竜博物館にいるオブジェの名前でして、恐竜を研究する恐竜ということで「恐竜博士」と呼ばれています。



いつもは恐竜博物館にいる博士が、なぜゆえにここにいるの?





・・・・・・・ふむ・・・・・・・・


なぜ、恐竜博士がここにいるのかは知らないけれど、まずは記念写真を。





Photo_2





どうやら、この恐竜博士はFPRで作られた貸し出し用のものだそうです。


USJに貸し出されていたものが県立恐竜博物館に戻ってきたので、それじゃ「ゆめおーれ」へと。そういう次第で博士の出番とあいなりました。







今回、じっくりと見たおかげで新たな発見が。




Photo_3
恐竜博士の足下を見ていると、靴ひもが。


ということは、博士は靴を履いていたんですね。












コメント

コメントを投稿