« マスコミが絶対に取り上げない麻生内閣の実績 ~その2~ | メイン | 松村家のお出迎え »

2009年8月11日 (火)

原爆追悼番組の偽善

今年も原爆追悼番組が各局で流されています。今日見たのは、日テレが流しているものでしたが、違和感というよりも怒りを覚えるのは、
 「原爆は悲惨です。戦争は悲惨です」
 「ほら、見てください。被爆者はこんな凄惨な目にあってきたのです」
という主張を終始垂れ流していることです。



私は、番組制作者に言いたい。原爆が悲惨なことは重々承知している。被爆者が体験した凄惨さは想像に余りある。ならば、それを投下したアメリカの非をなぜに問わないのか?と。



非人道的である兵器を我が国に使用した非をなぜに問わないのでしょうか。




日テレの番組の中に、被爆者の語り部が少なくなっている現状を受けて、地元の高校生たちが語り部の姿をDVDに保存している事業が紹介されていました。


なるほど、語り部ですか。それも大切なことでしょう。


ならば、私は敢えて問いたい。なぜ原爆被爆者の語り部だけを保存するのか。あの戦争は我が国にとって一大叙事詩でもあるのです。英雄的な行為もあれば、悲劇的な行為もありました。非人道的な行為もあったでしょうし、誇るに足る事例もありました。それらを全てひっくるめて語ることこそが、あの戦争を語ることなのです。





なぜアメリカが原爆を投下したのか。「戦後の世界システムでアメリカがイニシアティブを握るため」という説明がされることが一般的です。確かにその側面は強いでしょう。しかし、根本的にはアメリカが日本人を「サル」だと考えていたからではないでしょうか。



そんなことはないと思う人がいるならば、まずは合田雄次の『アーロン収容所』を読まれるとよろしいでしょう。






Photo
日本人にとって決定的に苦手な思考法が存在すると私は考えています。



例えば、「相手を徹底的に打ちのめす」という発想。

私たちはそこまで割り切れないのです。どこかで相手のことを考えてしまう。「何もそこまでやらなくても・・・・」と。
もちろん、それは日本人の美徳でもあります。しかし、逆に言えばそれはわれわれの甘さにもなるのです。



「人種差別」も日本人の苦手な思考法のひとつです。



四海平等の我が国では、人種差別なんてこの世にはないような感じを受けます。というよりも、日常生活の中で人種差別が出てくる事なんて稀有でしょう。



そうではないのです。この『アーロン収容所』は、人種差別がいかに西欧人のプリンシパルであるかを我々に教えています。




私は高校生時代に英語教師から次のような話を聞きました。
「アメリカへ旅行に行くのならば、白人とつきあうか黒人とつきあうかを最初に決めなければならない。どちらの世界にも良い顔をしようと思うと大けがをするか、もしくは誰からも信頼されない」
この話を聞いたのは1980年代の中頃。まだ公民権運動の残滓が残っていた頃でした。



あれから20年以上がたち、オバマ大統領が誕生したとはいえ、アメリカで人種差別がなくなったわけではありません。
(だからこそ、オバマ大統領誕生に歴史的価値があったと言えるのでしょうが)



今でも残る人種差別。ならば、原爆投下の時勢では人種差別はどれほど凄まじかったことでしょう。





かつて、このブログでも書いたことがありますが、もう一度。


大学時代にアメリカから来た黒人の教官にこう言ったことがあります。

「私たちの祖父はアメリカと戦争をした。あれは白人の支配に対する有色人種の抵抗であった。なのに、あなたがたアメリカ黒人は同じ有色人種である私たちに銃を向けた。あの戦争が終わった後に、あなた方は公民権運動を行ったが、戦争の最中に『私たちは有色人種に銃を向けることはできない』と抵抗できなかったのか?」



若気の至りで不躾な質問をしたと、今になってみれば反省しきりですが、質問の内容自体は何ら間違っていないと現在でも思っています。





半世紀近くに亘るロングセールで100万部以上を売り上げ、「中公新書の中で10冊を選べ」というアンケートをしたならば、必ずランクインするであろう名著です。お盆休みにどうぞ。

コメント

コメントを投稿