« 民主党政権の閣僚を個人的に予想 | メイン | いよいよ始まりましたよ。 »

2009年9月 6日 (日)

事実をねじ曲げてでも民主党を守りたいマスコミ~その1~

マスコミにより誘導された総選挙でしたが、一縷の望みは「ひょっとしたら、マスコミは選挙後は民主党を叩くのか?」という点でした。それならばそれでマスコミに対して、まだ、望みはありますから。

しかし、どうもそうではないようです。マスコミは単に民主党を勝たせたかった。民主党政権のためならば、事実をねじ曲げて歪曲報道をしようとも構わないようです。




その歪曲報道の実例をひとつ。




民主党政権が誕生する今、世界で注目されているのは民主党の政策ばかりではありません。実は、熱い視線を送られているのは次期ファーストレディの鳩山幸さんなのです。

というのも、この人。前世でトム・クルーズに出会ったとか、宇宙人に金星に連れて行かれたとか、素っ頓狂なことを言う人でして、「おいおい、日本のファーストレディは訳わからん」と海外メディアが食いつきました。


ちなみに、キャスターの困惑した顔を見たければ
こちらをどうぞ


さて、ロイターもこの件を報道しましたが、イギリスのデイリーテレグラフを。



タイトルは、Japan's new first lady 'flew to Venus with UFO' (日本の新しい首相夫人、「UFOに乗って金星へ飛んだ」と発言)



Japan's new first lady is enlivening the nation's grey-suited world of politics with colourful claims that she met a UFO in a dream and was whisked away to Venus .
 Miyuki Hatoyama, 66, the charismatic wife of the leader of the incoming Democratic Party of Japan (DPJ), has also described how she met Tom Cruise in a former life and enjoys "eating" the sun for energy.
 Writing in a book published last year, she said: "While my body was asleep, I think my soul rode on a triangular-shaped UFO and went to Venus. It was a very beautiful place and it was really green."
 Her extra-terrestrial experiences ties in neatly with her husband Yukio Hatoyama's nickname "The Alien" which came about due to his large eyes.
 Mr Hatoyama is due to be voted in as prime minister on September 16 after his party defeated the iron grip of the Liberal Democratic Party after more than five decades of near-interrupted power. The party leader met his wife - a former musical actress who was born to Japanese parents in Shanghai - while he studying at Stanford in the United States.
 Mrs Hatoyama, who is renowned for her healthy cooking having published several food-related books, described her UFO experience in a book called "Very Strange Things I've Encountered." After waking up, Mrs Hatoyama wrote that her then husband dismissed the experience, claiming that it must have just been a dream. However, referring to Japan's next prime minister, she wrote: "My current husband has a different way of thinking. He would surely say 'Oh that's great'." Earlier this year, Mrs Hatoyama also told a TV programme that she had met Tom Cruise in a previous life. While she cautioned the interviewer not to take her too seriously, she said: "I know he was Japanese in a previous life. "I was with him then. So he would recognise me when I see him and say 'long time, no see!'"
 On the same talk show, she also described her unusual habit of "eating the sun".Raising her arms into the air, she said: "I also eat the sun. Like this, hum, hum, hum. It gives me enormous energy. My husband has recently started doing that too."





例によって正確ではないですが、訳してみました。(訳が違うんじゃないの?というご指摘があればお知らせください)

(邦訳)

 
日本の新しいファーストレディがUFOに夢の中で出会い金星へと連れ去られたとの発言が、お堅い政治の世界をカラフルに活性化させている。

 鳩山幸(66歳)は、日本民主党の党首のカリスマ的妻であるが、彼女は前世でトム・クルーズと出会い太陽を食べてエネルギーにしたと言っている。昨年出版した本の中で、「私が寝ているときのことです。私の魂は三角形のUFOに乗り金星へと行きました。そこはとても美しい場所で、緑に溢れていました」と彼女は書いている。

 彼女の地球外生命体との体験は皮肉にも夫の鳩山由紀夫のニックネームに結びつく。彼のニックネームはその大きな眼に由来して「宇宙人」である。

 鳩山氏の党は50年以上に亘る自民党の鉄の支配を打ち破り、彼は9月16日に首相指名される予定である。 この党首が、上海で日本人の両親から生まれ歌劇団の女優であった妻と出会ったのは、彼がアメリカのスタンフォードに留学しているときであった。

 何冊かの料理関係の本を出版し健康食で知られる鳩山夫人が、UFO体験を記したのは著書「私が出会った世にも不思議な出来事」である。鳩山夫人はこう書いている。「目が覚めて、その当時の夫は私の体験を信じてくれませんでした。それはただの夢に違いないと言うのです」
 しかしながら、日本の次期首相に言及して彼女はこう書いている。「私の現在の夫は違う考え方をします。彼ならばきっと『ああ、それはすばらしいね』と言うでしょう」 年当初に鳩山夫人はTV番組でもトム・クルーズに前世であったと語っている。
 彼女はインタビュアーに対してそんなに真剣に取り合わないように警告する一方で、彼女は言う。「私はトムが前世で日本人だったことを知っているの」 「私はそのとき彼と一緒にいました。だから、もしも彼と会ったなら、見分けがついて『やあ、久しぶりだね』というはずよ」

 同じ番組の中で、彼女は「太陽を食べる」という普段の習慣についても語った。手を挙げて、彼女は言った。「私は太陽を食べるの。こんな感じで、モグモグモグ。これはものすごいエネルギーを与えてくれる。私の夫も最近はこれをやり始めたわ」





さて、TVをはじめマスコミはこの海外の報道を取り上げることがありません。それどころか、揉み消しをはかるべくこんな記事を配信し始めました。



(共同)


4日付の英紙タイムズは、次期ファーストレディーになる民主党の鳩山由紀夫代表の妻、幸さんを社説で取り上げ、日本が不可解な国ではないことを示す助けになると解説した。


社説は幸さんの「UFO体験」や、米俳優のトム・クルーズさんと 前世で会ったことがあるとの発言を紹介した上で「風変わりであることを恥だと思わない人物が日本のファーストレディーとなり、そうした妻の快活さを評価する夫が首相になる」と好意的に論評


さらに幸さんについて精力的だとし、おとなしい政治家の妻という型にはまったタイプからほど遠いと評している。

                                (下線部、松村)




「好意的?」




そうですか。イギリスの最も権威あるThe Timesは、鳩山幸さんの虚言を好意的に取り上げてくれたのですね。

それならば、その好意的な記事を次回に掲載しましょう。





ちなみに、共同通信さん。「社説で取り上げ」って・・・・オンライン版ではただのワールド・ニュースですよ、鳩山幸さんの虚言は。それとも彼の国においては、紙面の社説をオンライン版でただの記事に落とすのでしょうか。そんなこと聞いたこともない。


社説で取り上げるくらいにタイムズが好意的に扱ってくれたと印象操作をしたかったのでしょうね。

コメント

コメントを投稿