« それは勘弁いただきたい。 | メイン | 目的を明らかにせよ »

2009年10月21日 (水)

新型インフルエンザの流行について

市内でも新型インフルエンザの拡大が懸念されています。
実際に、村岡小学校が全校閉鎖されるなど日に日に感染者は増加している模様です。

さて、市内でも19日より医療従事者(救急関係の市職員を含む)を対象とするワクチン接種が始まりました。

ワクチンの数には限りがあるため、
 ①医療従事者(10月19日開始)
 ②妊婦(11月初旬に開始予定)
 ③基礎疾患者(11月初旬に開始予定)
 ④小児(12月中旬に開始予定)
 ⑤1歳未満の小児の保護者(来年1月予定)
 ⑥小中高生・高齢者(来年1月予定)
という順番でワクチン接種を行う予定です。もちろん、時期については感染の度合いやワクチンの生産量により異なります。

④の「基礎疾患者」とは次のような人を指します。
 1.慢性呼吸疾患
 2.慢性心疾患
 3.慢性腎疾患
 4.慢性肝疾患
 5.神経疾患・神経筋疾患
 6.血液疾患(白血病、再生不良性貧血など)
 7.糖尿病
 8.疾患や治療に伴う免疫抑制状態
 9.小児科領域の慢性疾患

「9.小児科領域の慢性疾患」とは、1~8までの基礎疾患をもつ小児のことで、これら小児は他の小児に優先してワクチン接種を受けることができます。

気になるのは、老健施設や老人ホームなどの施設に入所している高齢者です。これら施設においても行動計画を立てて綿密な予防が行われているので、ご安心ください。

誤解を招きかねない表現ですが、今回の新型インフルエンザは、新型であるがゆえに感染力は異常に強い一方で、病状そのものは季節性インフルエンザと比較すると軽いように思われます。

確かに新型インフルエンザによる死者は出ており、油断はできません。しかし、季節性インフルエンザによる死者数はもっと多いのです。

怖いのは風聞に惑わされて過剰な反応をすることです。現実に、市内の医療現場は現在混乱状態にあります。



かかりつけのお医者様によく相談され、わからないことがあれば下記のところまでお問い合わせください。

○勝山市新型インフルエンザ対策本部
 TEL 87-0888
  (8:30~17:30)

上記以外の時間外及び土日祝日
 TEL 88-1111
    勝山市役所 宿日直



コメント

コメントを投稿