« 鳩山首相の優雅な一日 | メイン | 新型インフルエンザの流行について »

2009年10月20日 (火)

それは勘弁いただきたい。


平野官房長官が、子ども手当の財源について地方自治体の負担を求める可能性があることを明言しました。


いや、何て言うか・・・もうやめましょうよ。子ども手当。

「全額国費ということがマニフェストに書いてありますかね」とまで言われると、さすがに鼻白むより他にありません




YouTube: 子ども手当相違 長官「地方負担」原口相「国費」



藤井財政相は「子ども手当に文句を言う奴は、マクロ経済がわかっていない」との発言をしましたが、マクロ経済学的に言っても、投資効果を生むとは思えません。この子ども手当。

コメント

コメントを投稿