« マスコミの本音 | メイン | 究極の税金の無駄遣いww »

2009年10月 9日 (金)

我、過てり。

鳩山政権が誕生してから、そろそろ一月が経とうとしています。

そういえば、政権誕生以来、このブログで誉めたことがありません。それも片手落ちというもの。何か誉めるところがないものか?としばし沈思黙考してみたところ、ひとつだけ思い当たる節がありました。

なにしろ、鳩山政権が誕生してから社民党がまともに見える。

連立政権誕生当時、社民党なんかと連立くんだら品位を落とすばかりだろうに・・・と私は浅はかにも考えてました。

だって、そうじゃありませんか?

かつて、東京、はとバスの夜のコースで天下の成駒屋、中村歌右衛門に難癖つけた都議会議員がいました。曰く、売春行為(花魁)を助長するようなものは文化の名に値しない、それを国立劇場という国税を注ぎ込んだ場所でやるのは言語道断。この台所感覚で文化破壊を進めた大場暢子という都議会議員は、旧社会党でした。

拉致問題を解決する使命を帯びて北朝鮮に渡った村山訪朝団は、拉致問題や不審船問題を棚上げして帰ってきました。涙ながらに娘を帰して欲しいと横田めぐみさんの両親が頼んでいたにもかかわらず。あまつさえ、拉致事件を放置しておいて彼らがなしたことは、食糧支援だったのです。これも旧社会党の村山富市と、自民党きっての親朝鮮派、野中広務がしでかしたトンでもない不始末でした。

その社会党の直系末裔が、今の社民党です。

ならば、そんな輩を政権に入れてどうするのだ?と訝しく思う方が当たり前というもの。

ところが、あれだけどうしようもなかった社民党の方がまともな発言をする回数が多い。これは新鮮な驚きでした。

社民党の皆さん、非礼をお詫び致します。

コメント

コメントを投稿