« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月に作成された記事

2009年11月22日 (日)

行政視察 -初日-

先だって、勝山市議会の総務文教厚生委員会で行政視察に行ってまいりました。

行政視察のスケジュールは次のようなものです。

【初日】勝山から福岡県大木町まで移動。大木町にて循環のまちづくりの取り組みについて学ぶ。

【二日目】熊本県水俣市にて、環境モデル都市の取り組みについて学ぶ。

【三日目】長崎県島原市にて、世界ジオパーク登録への取り組みについて学ぶ。勝山へ戻る。





さて、初日は基本的に汽車の旅となりますが、今回の視察で何が嬉しかったと言えば、新幹線及び特急が全てグリーン席で移動できたこと。

実は、JR西日本が「乗り放題キャンペーン」を実施しており、
 ・二名以上が同一行程
 ・JR西日本、JR四国、JR九州に限る
 ・8回まで
という条件で、グリーン車が三日間乗り放題になるのです。しかも驚くべきことに、グリーン車に乗り放題で九州まで行って帰ってきて、その料金が2万2千円だというのです。福井から東京までJRで往復するだけでも2万5千円以上かかるというのに。

中途でJR職員に尋ねてみると、予想通りこのキャンペーンは「高速道路1000円」に対抗してのものだそうです。航空会社が高速道路1000円に対抗して安売りパッケージをやっていることは知っていましたが、やはりJRも並々ならぬ危機感で対処していたのですね。




さて、グリーン席に揺られて快適な移動・・・となる予定が、思わぬハプニングが生じました。新大阪駅を出るはずの新幹線がいつまで経っても出発しようとしません。突発的な雨が神戸で降ったために、保守点検に時間がかかり、敢えなく新大阪駅で待ちぼうけを喰らわされた私たちは、大木町視察に間に合わず行けなくなりました。

勝山市が三年後の環境自治体会議の主催に名乗りを上げたことは皆さんもご存じのことでしょう。今年度の環境自治体会議は岐阜県多治見市で開催され、私たちの会派が視察に行きました。そして、来年の環境自治体会議が開かれるのが大木町(共同開催)なのです。クリークの町として知られる大木町の水資源管理を学びたかったのですが、残念な結果となりました。


初日はそのまま熊本県と鹿児島県の県境にある水俣市で一泊。

ちなみに、市議会議員の行政視察というと「温泉宿でドンチャン騒ぎ」と思われるかもしれません。そういった風潮が過去にあったことは否定は致しません。市議会の先輩のお話を伺うと、そういった豪快(?)な風潮はやはり勝山市議会にもあったそうです。coldsweats01

しかし、私が議員になった頃にはもはやこういった風潮も改められていました。今回の視察でも宿泊したホテルは一泊朝食付き4700円(!)のビジネスホテルチェーンでした。

私は泊まることができるならどこでも良いという考えですので、安ければ安いに超したことはありません。ただ、私の部屋の隣に宿泊した議員さんからは翌朝
「いびきがうるさくて・・・・」
というお言葉を。coldsweats02
安ければ安いほど良いのですが、壁も薄くなるようです・・・


さて、二日目の視察は熊本県水俣市です。









2009年11月14日 (土)

事業仕分けの功罪

目下のところ世間を騒がせている民主党の事業仕分け。この功罪について。


仕分け人の手元にはペーパーがあります。このペーパーの作成者は財務省主計局。つまり、今までの予算折衝が「財務省vs各省庁」との図式で行われていたものを、「仕分け人vs各省庁」という図式で行っているに過ぎません。

ただ何と言っても今回の事業仕分けの「功」の部分は、これを公開で行ったことでしょう。今まで闇に包まれていた予算折衝を公にしたことの意義は計り知れません。



しかし、報道を見ていた人々の胸中には
「こんな短期間でズバズバと切り捨てて良いものなの?」
との想いが去来したはず。


ひとつの事業が平均すると1時間程度で「廃止」「削減」「概算要求通り」と採決がくだされるのですから、極めて危険であることは間違いありません。


例えば、次世代スーパーコンピューターの研究開発費も大幅に事業費が削減され、これを聞いたときには正直目眩がしそうになりました。削減の理由は「別に世界一のスーパーコンピューターを目指さなくともいいじゃないか」というもの。

スーパーコンピューターというものは技術の要のような位置づけです。特に流体力学の研究にこれを欠くことはできず、流体力学は様々な分野に応用が可能です。ここでの遅れは基礎学問の発展の遅れに直結することでしょう。

さらに、仕分け人は若手研究者養成のための科学技術振興調整費(同125億円)と科学研究費補助金(同330億円)も削減しました。


技術立国日本の礎は、「人」です。ポスドクと呼ばれる若手研究者たちを手厚く保護することが急務なのであり、そこに金をかけないのならば人材流出にますます拍車をかけることでしょう。






これというのも、詰まるところ「まずは30兆円を浮かさなければならない」という民主党の党是があるからに他なりません。

事業仕分けの視点は「費用対効果」です。これは間違いありません。しかし、長期的視点に立たねば効果が見えてこない施策、効果が見えづらい事業というのも確実にあるのです。



事業仕分けについては、私も一般質問で「勝山市に導入してはどうか」と提案したことがあります。私の考える事業仕分けとは、
 ①国家の大目的を明らかにする。
 ②その大目的を達成させるための中長期的計画を明らかにする。
 ③その計画に沿った事業を立てる。
 ④従って、その事業が目的に合致しているかどうかを検証する(第1段階仕分け)
 ⑤事業の実施手法が正しいかどうかを検証する(第2段階仕分け)
 ⑥目的と実施手法が正しいことを確認した後に、予算が適正化否かと判断する(第3段階仕分け)
というプロセスを経ていくものです。



つまり、1時間程度でできるものではないのですね。事業仕分けは。


ましてや、国家の大目的すら明確ではなく、ただ単に「予算を浮かせなければならない」という目的ならば、やはりこれは「公開処刑」と呼ぶしかないのでしょう。













2009年11月13日 (金)

ネットカフェ難民はどこへ消えた?


前政権のときには、あれほど騒がれた「ネットカフェ難民」。


最近のマスコミ報道で、耳にすることは全くなくなりました。

慶賀の至りです。

景気が上向いて、ネットカフェから人々は安住の地へと戻ったのでしょう。




2009年11月 3日 (火)

目的を明らかにせよ

先だって、うちの長男(5歳)の好物である「みたらし団子(3本セット)」を買ってきました。happy01


ところが、今朝方、楽しみにとっておいたみたらし団子が見あたりません。必死になって探す長男。探しても探しても見つからないので途方に暮れる長男の姿cryingを見て、ふと思い当たる節が。

「おばあちゃんに聞いておいで」

案の定、じいちゃん・ばあちゃんでお団子を美味しくいただいてしまったことが判明。sad

それが判明したときに、長男が一言。

「目的はわかったよ」

・・・・はい?・・・・coldsweats02

まさかそういう台詞を家の中で聞くとは。
思わぬ一言に、これはどういった趣旨の発言なのかを考えてしまいました。

「目的ってどういうこと?」と尋ねてみると、涼やかな顔で答弁。

「お腹が減ってたんだよ」

う~ん。
間違ってはいないんだけどね。
それはパパが議会で使う台詞なんだよ。坊や。