« 事業仕分けの功罪 | メイン | ものは言いよう »

2009年11月22日 (日)

行政視察 -初日-

先だって、勝山市議会の総務文教厚生委員会で行政視察に行ってまいりました。

行政視察のスケジュールは次のようなものです。

【初日】勝山から福岡県大木町まで移動。大木町にて循環のまちづくりの取り組みについて学ぶ。

【二日目】熊本県水俣市にて、環境モデル都市の取り組みについて学ぶ。

【三日目】長崎県島原市にて、世界ジオパーク登録への取り組みについて学ぶ。勝山へ戻る。





さて、初日は基本的に汽車の旅となりますが、今回の視察で何が嬉しかったと言えば、新幹線及び特急が全てグリーン席で移動できたこと。

実は、JR西日本が「乗り放題キャンペーン」を実施しており、
 ・二名以上が同一行程
 ・JR西日本、JR四国、JR九州に限る
 ・8回まで
という条件で、グリーン車が三日間乗り放題になるのです。しかも驚くべきことに、グリーン車に乗り放題で九州まで行って帰ってきて、その料金が2万2千円だというのです。福井から東京までJRで往復するだけでも2万5千円以上かかるというのに。

中途でJR職員に尋ねてみると、予想通りこのキャンペーンは「高速道路1000円」に対抗してのものだそうです。航空会社が高速道路1000円に対抗して安売りパッケージをやっていることは知っていましたが、やはりJRも並々ならぬ危機感で対処していたのですね。




さて、グリーン席に揺られて快適な移動・・・となる予定が、思わぬハプニングが生じました。新大阪駅を出るはずの新幹線がいつまで経っても出発しようとしません。突発的な雨が神戸で降ったために、保守点検に時間がかかり、敢えなく新大阪駅で待ちぼうけを喰らわされた私たちは、大木町視察に間に合わず行けなくなりました。

勝山市が三年後の環境自治体会議の主催に名乗りを上げたことは皆さんもご存じのことでしょう。今年度の環境自治体会議は岐阜県多治見市で開催され、私たちの会派が視察に行きました。そして、来年の環境自治体会議が開かれるのが大木町(共同開催)なのです。クリークの町として知られる大木町の水資源管理を学びたかったのですが、残念な結果となりました。


初日はそのまま熊本県と鹿児島県の県境にある水俣市で一泊。

ちなみに、市議会議員の行政視察というと「温泉宿でドンチャン騒ぎ」と思われるかもしれません。そういった風潮が過去にあったことは否定は致しません。市議会の先輩のお話を伺うと、そういった豪快(?)な風潮はやはり勝山市議会にもあったそうです。coldsweats01

しかし、私が議員になった頃にはもはやこういった風潮も改められていました。今回の視察でも宿泊したホテルは一泊朝食付き4700円(!)のビジネスホテルチェーンでした。

私は泊まることができるならどこでも良いという考えですので、安ければ安いに超したことはありません。ただ、私の部屋の隣に宿泊した議員さんからは翌朝
「いびきがうるさくて・・・・」
というお言葉を。coldsweats02
安ければ安いほど良いのですが、壁も薄くなるようです・・・


さて、二日目の視察は熊本県水俣市です。









コメント

コメントを投稿