« 2009年11月 | メイン | 2010年1月 »

2009年12月に作成された記事

2009年12月31日 (木)

私撰・本年の政界迷言集

今年も色々なことがあった一年でした。そこで、年の最後に
「私撰!今年の政界迷言ベスト10」を。

【第10位】
「文化大革命が起こっています」
スーパーモーニングでの仙石行政刷新大臣のお言葉。ありがたいことです。日本でも文化大革命が進行中です。

【第9位】
「教育に政治的中立などあり得ない」
文部科学大臣輿石東のお言葉。まあ、日教組に政治的中立を求める方がどうかしています。

【第8位】
「麻生さんが言ったら即死ですよ」

安倍元総理大臣のお言葉。民主党が支持率をなぜか維持していることを受けて。確かに即死でしょうね。

【第7位】
「これで小沢王国が完成しました。次は小沢帝国を目指します」
民主党の畑浩治のお言葉。小沢一郎のお膝元岩手でのパーティーで。

【第6位】
「地球が誕生してから137億年、地球が誕生してから46億年」
鳩山首相のお言葉。稲田朋美議員の一般質問に対して外国人参政権付与の正当性を答弁。外国人への愛は、宇宙の愛。壮大な愛のテーマです。
これに関連して「国益も大切だが、地球益も重要だ」があります。

【第5位】
「トラストミー」
鳩山首相のお言葉。「トラストミー(私を信じて)」ではなく、「トラッシュミー(私を捨てて)」の間違いだろうと米高官が漏らしたとか。

【第4位】
「私は人民解放軍で言えば野戦軍の司令官として頑張っている」
小沢一郎のお言葉。人民を解放してどこへ向かわせようというのでしょうか。

【第3位】
「国というものが何だか分からない」
鳩山首相のお言葉。ここまで来るとファンタジーの世界です。

【第2位】
「2位じゃだめなんですか?」
蓮舫議員のお言葉。2位じゃダメなんですかということで、2位にもってきました。

そして、栄えある1位は・・・・

【第1位】
「民主党に政権交代すれば景気が良くなります」

良くなるといいですね。本当に・・・

2009年12月29日 (火)

自民党の負の遺産

このブログを読んでおられる方ならば、今更のことですが、私は自民党員です。ですので、自民党の支持者でもあります。


ならば、自民党の政策を諸手を挙げて賛成するのかといえば、必ずしもそうではありません。そんなマンセーな態度は逆に政党を腐らせるだけです。


自民党支持者である私は、当然に民主党の政策が気に入りません。でも、諸手を挙げて反対するのかと言えば、そうでもありません。良いものは良いものとして認めなければなりません。方向性の違いは当然にあるでしょう。でも良いものは良いのです。




さて、話は変わります。




マスコミは、未だに民主党の擁護に腐心しているようです。

アサヒテレビのコメンテーターがポロリと本音を漏らしてしまいました。
「私たちが一生懸命支持率下げないように頑張ってやっているんだから、もうちょっと鳩山首相も頑張って欲しいものです」


今も、マスコミは民主党の都合の悪いところは隠し通せると思っているようです。

ただ、もうここまで来ると隠蔽もうまくはいきません。



そこで、最近のマスコミは次のような論調へシフトしてきました。
「自民党政権時代の負の遺産がありますから」



なるほど、確かにそうかもしれません。しかし、負の遺産を抱えていることを承知でマニフェストの工程表を作ったのは民主党です。

「そんなことはできるはずがない」「非現実的だ」と主張した自民党に対して、民主党は言いました。
「できる!」「自民党が言っているのはネガティブキャンペーンだ」


しかし、自民党の予想通りに事態は進んでいます。




それもこれもひっくるめて「自民党の負の遺産だ」とマスコミは言いたいのでしょう。


ですが、自民党の負の遺産の最たるものは、そんなちっぽけなものではないと最近思うようになってきました。

自民党最大の負の遺産。

それは、小沢一郎と鳩山由紀夫だったのです。


2009年12月27日 (日)

サンタがヒーローとお家にやってくる

まちづくりネットワーク創盛の事業で、「サンタがヒーローとお家にやってくる」を実施しました。


これは、村岡青年団がやっていた「サンタのプレゼント宅配事業」を、更にスケールアップして市内全域で行うというものです。


プレゼントをお預かりして、クリスマスイブの当日にお宅まで届けるのですが・・・・


4212206212_7950eb46a8_2
サンタがプレゼントを届ける。


これ、普通の光景です。







しかし、この先がありまして、サンタだけでは子供たちにサプライズが足りないということで、



4212213576_82a4e9d6a9

シンケンジャー参上!!



ちなみに、このシンケンジャー。全て手作りです。とある保育園の役員さんが作り上げたものをお借りしてきました。



シンケンジャー登場で「子供たちにバカ受け」・・・を期待していたのですが、意に反して、子供たちに泣かれまくり。crying




4212215362_35437c6418

やさぐれた心を、コンビニで癒やしています。









行く先々で子供たちに泣かれ続けたシンケンブルーは、最後には・・・・・



4212221438_8cbb283663


「奥さん、ゴムひも買ってくんねえかなあ」








それでも平泉寺から北郷まで市内をくまなく回って子供たちに、愛とプレゼントと涙を宅配し続け、クリスマスイブは過ぎたのでした。




4212223490_6f1d8be2f9
一仕事終えた、サンタとシンケンジャーたち。


おつかれさまでした。





この事業の詳細は、HP「おいでねんせカッチャマ」にて。アップされるのは、来年になるので、お楽しみに。

このブログのリンク先から飛ぶことができますので、ぜひご覧ください。







なるほど

過日、TVを見ていた妻が爆笑しておりました。


どうやら某経済評論家の一言がツボに入ったようです。

彼曰く、
「年末は支払いも多くなり我が家の家計も苦しくなってきますので、
 『いつも心に蓮舫を』
これを合い言葉にがんばろうと思います」


いつも心に蓮舫を・・・

「何でそれが必要なんですか?」
「何で二番じゃだめなんですか?」
ああ、それを自問自答するのですね。



2009年12月25日 (金)

新日本国憲法 草案

【第1条】内閣総理大臣は、内閣の象徴であり、三党連立の象徴であって、この地位は、主権を有する小沢一郎の意に基づく。


【第2条】国会議員は、世襲のものであって、国会の議決した法に定めるところにより、これを継承する。


【第3条】内閣総理大臣の国事に関するすべての行為には、小沢一郎の助言と承認を必要とし、内閣総理大臣がその責任を負う。


【第4条】内閣総理大臣は、小沢一郎の定める国事に関する行為のみを行い、国政に関する知識を有しない。


【第5条】法の定めるところにより閣僚を置くときは、閣僚は、小沢一郎の指示でその国事に関する行為を行う。この場合には、前条の規定を準用する。


【第6条】内閣総理大臣は、小沢一郎の指名に基いて、日本郵政会社の社長を任命する。


【第7条】内閣総理大臣は、小沢一郎の助言と承認により、中韓国民のために、左の国事に関する行為を行う。
 1.米国を怒らせ、中韓に擦り寄ること
 2.外国人参政権を付与すること
 3.日本は日本人のものではないとの友愛思想を広めること








2009年12月17日 (木)

小沢一郎の暴走を見ていて真剣に考えていることがあります。



おそらくこのブログをご覧になる皆様のなかには、自民党支持者の方もいらっしゃることでしょう。民主党支持者の方もいらっしゃるでしょう。公明党支持者も共産党支持者もいらっしゃることでしょう。

これから私が申し上げることは、そういった「政党の支持」という枠組みを超えて考えていただきたいのです。





かつて小沢一朗は
「国会と内閣を押さえてしまえば、アメリカの大統領よりも強大な権限を持つ」と喝破したと記憶しています。もちろん、権力の絶対量及びその波及力において合衆国大統領を超えることはありませんが、日本で二権を掌握する者は権力の集中度において合衆国大統領を凌ぐのです。


 民主党は小泉政権下の自民・公明を「数によるファシズム」だと非難していましたが、自民党には歴史的に派閥の力学が存在しているだけまだましだったのかもしれません。民主内にはそれすら存在せず、小沢ひとりがいるだけです。まさに小沢一郎は合法的にこの国を掌握したといっても良いでしょう。



 議院内閣制度は全体主義に対する防波堤だとはよく言われるところです。しかしながら、この国の議院内閣制度は小沢一郎という「首領様」を「合法的」に作り出してしまった。私たちはこの点をもう少し重要視すべきなのかもしれません。



 私が問いたいのは「小沢一郎がやったこと」「小沢一郎がやろうとすること」ではありません(それはそれで大問題なのですが)。
「なぜ小沢一郎のような存在を生み出したのか」を私たち国民は考えねばならないということです。私たちは民主制度においてひとりのスーパースターを渇望することの危険性を語ってきたはずです。そのようなスーパースターは「君子豹変」すれば、ヒトラーになりかねない。だから、権力を分散し個人に権力を集中させないシステムを必要とするのだと。しかしながら、眼前に繰り広げられている光景は、私たちがあれほど危険視してきたものではありませんか。制度そのものがおかしいのか、それとも議会のあり方が間違っていたのか、選挙制度が誤っていたのか、国民の意識が問題なのか、マスコミなのか…それらを検証し、考えていかねばならないと思うのです。




こういったときに役立つのは歴史です。人間なんて時を重ねようともやることは大抵同じですから。

おおらく昭和初期の日本の歴史が私たちにとって、とても有益なものになうでしょう。政権交代を熱望する声、政党政治に対する失望、大政翼賛化していくマスコミ等々、昭和初期の状況と私たちを取り巻く環境とは驚くほどの相似をなしています。

ただ、残念なことに、私たちは戦前の歴史を「悪かった」の黒一色で塗りつぶしてしまいました。「歴史を100%美化するのか」「とにかく日本は悪かった」といった二者択一な歴史観で考えるのではなく、もう一度、私たちは戦前の日本が辿ってきた道程を振り返るときに来ています。

「このまま日本が進めば、再び戦争への道を進むと言うのか」
違います。私が申し上げたいのは、昭和初期の国内情勢と今の私たちが相似をなしているということです。

下手すると、当時の日本人よりも私たちの方が劣っているのかもしれません。私たちの先達たちは曲がりなりにも、「出遅れたアジアの三流国家」から苦心惨憺しながら一等国家へ歩を進めた実績と矜持がありました。

唯一、私たちが先達たちに勝っている点があるとするならば、「彼らが苦労し乗り越えようとした歴史」を私たちは知ることができる。その一点なのです。




皆さんも、もう一度歴史を振り返ってみてください。そして、小沢一郎のような存在が、自由主義そして民主制度にとってどれほど危険なものかを確認してください。






2009年12月 8日 (火)

ものは言いよう

保育園の年長さんになる長男は、何かにつけて2歳下の弟と口論になります。


つい先ほども、何やら二人で口論をしておりました。




妻が、何事かと尋ねてみると。

長男:「カズ君(次男)が、ヤクルトを2本欲しいって言うんだよ」

妻:「そうなんだ。それでハル君(長男)は、ヤクルトいらないの?」

長男:「ハル君は、ヤクルト1本でいい!」

妻:「1本でいいの?」

長男:「いいの。1本でいいの!!」

妻:「なぜ?」

長男:「だって、ヤクルト2本も飲んだら、『でぶっちょ』になるから」




最近、妙に色気づいてきた長男は「でぶっちょ」になることを嫌がるようになりました。まあ、親としてはこの傾向を最大限に活用させてもらっています。「おやつ欲しい!」と言おうものなら、「いいのかな~?『でぶっちょ』になっちゃうぞ~」といった具合に。



そこで、終われば良かったのに、妻がよけいな一言を。



妻:「ねえねえ、ハル君」

長男:「なに?」

妻:「ハル君は『でぶっちょ』が嫌いなの?」

長男:「うん、嫌い」

妻:「そういえば、ハル君は、ママのこと『でぶっちょ』って言ってたよね」



6月21日の記事を読んでいただければわかるように、妻は未だに『でぶっちょ』と呼ばれた傷が癒えていないようです。bearing



妻:「それじゃ、ママのこと嫌いなの?」

長男:「・・・・・・・・・think・・・・・・・・・・・・」

首を捻りながらしばらく考えていた長男は、何かに気づいたように言ったのでした。flair

長男:「ママは『でぶっちょ』じゃないよ。ママは『ふくよかさん』なのhappy01

ものは言いよう。good