2008年3月18日 (火)

勝山左義長まつり

週刊文春3月20日号をコンビニで買いました。

巻末のページ(モノクロ写真)の椎名誠氏のところをご覧ください。

「ニッポン『奇祭』大全」と銘打って、椎名氏が長年に渡って取材した祭りの中で最も印象に残る祭りをピックアップしています。

そして、その中に勝山左義長まつりが。


記事全文。


日本全国の祭りを「ありゃまあ」(どこかヘンテコな)と思う点で選び、四年間で24箇所を取材・撮影した椎名誠さん。汗まみれ、雪まみれになりながら、シャッターを押し続けた。

「祭りってある種の恍惚感があるでしょう。それを見つけて写真に捉えたときは狩猟している気分だよね。やったな、撮ったぞって」

とはいえ、撮影の苦労は数知れず。祭りの全貌は行ってみて初めて分かるということも多かったからだ。
「(岩手県八幡平市の)平笠女裸参りというのに名前に惹かれて行ったんだよ。でも、雪道を厚着した女性たちが行進するだけ。アマチュアカメラマンはたくさんいるし、被写体に変化がないので、一番苦労したなあ。」

宮古島では全身を腐敗した泥で覆った“神=バーントゥ”から逃げるために本気で走りました。臭くてね。写真を撮るために正面に回ったら「椎名さ~ん」って抱きつかれちゃって。結局正面からの写真は撮れませんでした。

一番印象に残っているのは(福井県勝山市)左義長祭り。翌朝余韻があってね。誰もいなくて寂しかった。祭りの後の悲しさを噛み締めながら去ったんですよ。来年また行こうと思ってる。十数年ぶりに記録映画を撮りたくなっちゃって。それくらい良かった」



この機を逃すな!勝山市。



確か、椎名誠氏が勝山左義長まつりを訪れたのは3年前だったはず。当時、私はJCで左義長まつり担当委員長をしており、理事長だったM君が「しまったぁ。椎名誠が芳野のやぐらに来てるのなら・・」と悔しさ爆発していたのを覚えています。

あの時も椎名誠氏は週刊文春のコラム『風まかせ赤マント』に左義長まつりのことを大々的に書いていました。

その中に、「まるで、フェリーニの『8と1/2』に出てきそうな雰囲気だった」といったような一文があったと記憶しています。なるほど、椎名氏の目にはそういう風に写ったのか・・・と。

ならば、記録映画を撮ってもらいましょう。

こういうところにお金を惜しんではいけません。このタイミングを逃すな!勝山市。

もちろん、私も全力でプッシュします。

2008年2月26日 (火)

勝山左義長まつり

久しくブログの更新を怠り、誠に申し訳ありませんでした。^^;





さて、今年の左義長まつりも終わりました。

しかし、あの天気は何だったのでしょう。準備の金曜日と後片付けの月曜日は晴天で、本番の土曜日、日曜日は大荒れ(落涙)。

昨年は「左義長始まって以来」と古老が絶賛した程の完全な晴天でしたが、今年は「左義長始まって以来」と同じ古老がため息をつくくらいの大雪・強風でした。




そんな左義長まつりの準備をしていた金曜日は、すがすがしい晴天でした。

Photo

左義長まつりでは、各やぐらごとに御神体を設置します。


基本的に御神体の数は13なのですが、他に左義長まつり実行委員会の御神体が存在します。その設置・管理については勝山青年会議所が担当しています。


左の写真がその御神体。







金曜日に御神体を設置して、明日からの左義長まつりに備えます。準備を終えたのは、おおよそ9時過ぎといったところでしょうか。

担当委員会&有志は腹ペコ状態です。

「よし!メシを食べに行こう」

Photo_2

とりあえず皿を積み上げてみました。


お勘定するときに、店員の方が皿の数を読む機械をもってきます(あのバーコード読む機械に似たやつですね)。

どうやらあの機械は、最大4枚~5枚だそうです。

せっかく積み上げた皿も、店員のお姉さんの前に冷静に解体されました・・・・







・・・・・「よっしゃ!気を取り直して飲みに行こう」・・・・と、左義長前日の夜は更けていったのでした。





そして、当日。


朝から、猛吹雪のため私たちはその対応に追われました。

昨年から青年会議所は、左義長まつりの総合案内所を担当しています。勝山郵便局前にて10m×10mの大型テントを設置して、観光案内および様々な本部運営機能を果たしているのですが、この吹雪のために本部運営機能どころかテントそのものの心配をしなければならなくなりました。


「ひょっとしたら・・・・ドンド焼きができなくなるのでは?」




今年から、左義長まつりの新しい取り組みとして「ひとつのやぐらに打ち手に集まってもらう」という企画が立ち上がりました。

左義長まつりを訪れる方々からのご意見として、「せっかく左義長まつりに来て、やぐらを見に行っても誰も叩いてなかった」というものがあります。各やぐらは、それぞれに独立して活動されていますので、休憩時間もまちまちです。

そこで、土曜日の2時から4時までと日曜日の2時30分から4時30分までの時間に、上長渕のやぐらをお借りして「この時間に必ず打ち手が集まります」という時間帯を設けたのです。


私もこの時間だけ本部を抜けさせてもらい参加しました。


私は、左義長ばやし保存会の末席に置かせてもらい、万博をはじめとして色々な公演で叩かせてもらいましたが、実はやぐらに上がった経験がありません。ここ数年来、青年会議所の左義長まつり担当委員会として運営に携わっていたために、抜け出すことができなかったからです。
「まあ、今年で青年会議所も卒業だし、最後くらいは・・・」と、上長渕のやぐらに上がってみたのですが・・・・


・・・・呑まされました(涙)・・・・


次から次へと出てくるコップ酒。勢いついでに呑みまくって、千鳥足で本部テントに帰還したものの、後は仕事になりませんでした。青年会議所メンバーには本当にご迷惑をかけました。すみません。


ちなみに、翌日も上長渕のやぐらにはお邪魔しましたが、さすがに前日の轍は踏むまいと控えめに呑ませていただきました。「結局、呑むんですか!」と同行した方に突っ込まれましたが・・・





残念なのは、悪天候のためにスタンプラリーの参加者が少なかったことです。

Photo_3
各やぐらをまわっていただこうと、昨年から始めたスタンプラリーですが、昨年の完走率は実に8割にのぼりました。

それを受けて、今年は景品をさらにグレードアップしたのですが・・・・


今年は、猛吹雪のためにスタンプラリーは完走率3割程度のサバイバルラリーに変身しました。

左の写真は、景品のひとつである左義長ステッカーです。携帯にも貼れるように大きさを工夫しました。







そういえば、今年は外国人のお客様が多かったような気がします。いよいよ左義長まつりも国際的になってきましたね。県の文化財登録もされました。次は・・・・








初日の吹雪で危ぶまれたドンド焼きも、無事に行われました。

色々とありながらも、最終日のドンド焼きを迎える頃にはすがすがしい気分になっています。

Photo_5 

左はドンド焼きのひとコマ。各地区の御神体が勢い良く燃えています。

写真では伝わりにくいのですが、本当に勇壮な火祭りです。






左義長まつりが終わると、奥越前にも春の兆しが見えてきます。待ちに待った春は目の前です。

2007年3月 5日 (月)

左義長ばやし保存会 岡山公演

土曜日・日曜日と岡山へ行ってきました。

福井県の大物産展が岡山高島屋で行われ、そこで勝山左義長ばやしに出演要請がかかったためです。


土曜日の昼2時から出演があるため、朝6時に勝山を出発。バスに揺られて6時間の旅です。

基本的によほどのことがない限り、左義長ばやし保存会の遠征では電車を用いません。太鼓やのぼりなど運搬物が多いためです。そして、私はバス移動が苦手です(笑)。理由は言わずもがな・・・・


高島屋で準備されていたステージは、予想以上に狭いものでした。なにしろ、最前列のお客さんと私たちとの距離が、1メートル程度しかないのです。
「大丈夫か?これ・・・・」

そんな心配も、実際にオンステージになれば吹っ飛びました。距離が近い分、お客さんもノリノリで最後には全員手拍子で盛り上がります。この一体感は会場の狭さ(w)のおかげといえるでしょう。


岡山には「勝山町」という場所があります。町村合併で地名はどうなったかわかりませんが、来られたお客さんの中には「あれ?岡山県の勝山じゃないの?」という人もいらっしゃいました。
でも、そんなお客さんも福井のことを認識してくれたはず。見終わった方々からは「良かったよ~。今度福井に行くね!」とのお声が。


左義長ばやし保存会のメンバーは、基本的に出演料をいただきません。今回の岡山公演も宿泊料と交通費、そして弁当代は出していただきましたが、ボランティアでやるのが通常です。
(むしろ、年会費を払っている分、持ち出しの方が多いでしょうね)

そんなボランティアをやっているのは、何よりも「三度の飯より太鼓を叩かせろ」という人たちが集まっていることと、「今度の左義長まつりには、絶対行くからね!」という声が聞きたい。それだけでしょうね。





日曜日は、昼1時30分から2回公演。

午前中の空き時間を利用して、メンバー全員で倉敷観光。

Photo_42
駅を降りて商店街を歩く中で目にとまったのは、辻々にある活け花でした。竹に指した活け花は、観光客をもてなす心なのでしょう。

初めて訪れた倉敷ですが、これを見て期待大。








Photo_43
中国銀行前にいるメンバーを写してみました。

ここを起点に、メンバーは思い思いに移動しました。




保存会のメンバーは行く先々で次のようなものを物色します。
 ①左義長グッズ
 ②地酒(酒飲み限定)
①の左義長グッズは、要するに「左義長に使えそうなもの」ですね。お面であったり、キセルであったりするのですが、最も関心の高いものが「長襦袢(じゅばん)」ですね。

「あら、こんなところに襦袢売ってるよ」
この一言で、砂糖にむらがる蟻のように保存会のメンバーは縷々集まってきます。

みやげ物売り場の人もびっくりしていたそうです。なかなか襦袢は売れるものではありません。買っていくとしても外人さんがほとんどで、逆に外人さん向けに派手派手しいものが多くなって日本人は敬遠しがちです・・・・・・ところが、なぜか長襦袢を買い求めていく客が次から次へとやってくる・・・・・・・そりゃ、店員さんも驚いたでしょうね。特需ですから。


Kc330174
私は、残念ながらサイズに合う襦袢がないもので(笑)、もっぱら②の「地酒」専門です。

ただ、惜しむらくは倉敷に行ったのに「大山康晴記念館」に行かなかったこと。福井に帰ってふと気づきました。





2007年3月 2日 (金)

岡山で左義長

「越前若狭の物産と観光岡山展」が岡山の高島屋で開催されます。


Main_img
このイベントで左義長ばやし保存会が出演するため、今週末は岡山に行ってきます。




2007年2月28日 (水)

余韻

昨日のこと。

左義長まつりでやぐらを持っていらっしゃる区の区長さんとばったり道で出くわしたところ、左義長スタンプラリーのお礼を言われました。

「うちのところのやぐらには、なかなか人が来ないんだけど、今年はスタンプラリーの台紙を持ってやってくる人がおおぜいいた。本当にありがとう」

ありがとうございます。そのお言葉で、やったかいがあるというものです。

2007年2月27日 (火)

左義長まつり

終わりましたね、左義長まつり。

今年の左義長まつりは、初日4万人二日目9万人という史上最高の人の入りでした。
なにしろ、「今日は4月?」と思うくらいに天気が良かったですから(二日目)。





さて、私は左義長ばやし保存会の会員です。もっとも、かなり幽霊会員ですが。だって練習日が水曜なのでJCの常任理事会やら理事会やら例会やらで行けないことが多いもので・・・・^^;

色々なイベントで左義長ばやしを叩かせてもらいましたが、実はまだ櫓(やぐら)にあがったことがありません。というのも、一昨年がJCのまちづくり委員長として左義長を担当し、去年はまちづくり室長として左義長を担当し、本年もまちづくり室長として左義長を担当したため、一歩も離れることができなかったためです。

暗鬱とした気持ちで櫓を眺める私に向かって、JCの誇るT君とK君が言います。「松村さん。やぐらに行きませんか?」

・・・・・・ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ・・・・・・行けるわけないでしょ?



いいなあ、来年こそは櫓に上がりたいものです。




さて、今年は新しい取り組みとして総合案内所を設置しました。

行政スタッフ、商工会議所、勝山観光協会、左義長ばやし保存会、そして青年会議所が入ってひとつの総合案内所を作るという取り組みでした。



もうひとつが、携帯用左義長HPを作成したこと。これは1日で4000ヒットをかますものになり、大成功でしたね。メンバーが足を使って櫓周りをして情報収集をしたことと、優秀な編集委員がいたことが勝因でしょう。








・・・・・色々ありました・・・・・終わりました。(  ̄ー ̄)*キラン



反省点をこれから炙り出して、来年へつなげるようなものを作っておくのが今後の私の仕事になります。


とりあえず、旅にでも出たい心境です。

でも出れません。




明日から、三月議会が始まりますから。

・・・・・準備しなくちゃ!

2007年2月16日 (金)

スタンプラリー

今年から左義長まつりで、スタンプラリーが復活します。

これは、左義長まつりの櫓(やぐら)や御神体など各地区で行われている様々な見どころを廻っていただき、存分に楽しんでもらうために企画されました。


さて、そのスタンプラリーの台紙のゲラ刷りが出来上がってきました。版権の問題やら色々と通過しなければならないところがあり、印刷屋さんにはご迷惑をおかけしましたが・・・・・できあがったものを見て、「これはいける!」と確信。

画像を載せたいところですが、まだゲラの段階なのでしばしお待ちを。

ひとりでも多くの方に、櫓をまわって欲しいですね。






いよいよ来週末が左義長まつり本番です。

ある意味、私にとってはリベンジ(!)の機会。やり残しがないよう本番を迎えたいものです。

2007年2月15日 (木)

左義長まつり幟立て

本日は、朝9時から左義長まつりの幟(のぼり)立て。

左義長実行委員会に青年会議所も入っているため、朝からお手伝いです。


Kc330190
私の班は北郷町の国道沿いを担当しました。

ただ、この日はものすごい風と雨。

一緒に立てていた市の職員の方と冗談で「春一番じゃないの?」「まさか」なんて言っていたら、本当に春一番でした。




左義長前に春一番?やはり、今年はちょっと異常ですね(昨年も異常でしたが)。

午前中いっぱいかかって、幟立ては終了。





この日は、青年会議所の理事会でした。泥のように疲れて、深夜帰宅する途中で幟を見たところ、風のせいでしょうか、傾いたり旗がずり落ちたりする幟を散見しました。




2007年2月 2日 (金)

ふぅ 

左義長まつりで、新しい組織を立ち上げようとしています。

なかなかに難しいものですね・・・・・・


とりあえず、頑張れるところまで頑張ってみます。

2007年1月31日 (水)

左義長ばやしの練習会に参加しました。



保存会会長から太鼓の叩き方の癖を修正されました。浮きの方に意識が行き過ぎて太鼓の叩き方がおかしくなってきているとのこと。確かに、昔できていたのに今はできなくなっていることがあります。その理由が納得いきました!

知らず知らず無意識のうちに癖というものはできあがっているようです。自分では気づかないだけに誰かが指摘してくれないとなかなか治らないのかもしれません。そして、そういう指摘をしてくれる人の存在は、本当にありがたいものです。