2009年7月13日 (月)

遂に出現

遂にというべきか。出ましたね。原寸大ガンダム。


Photo

東京お台場に出現した原寸大ガンダム。



設定通りの身長18mの代物ですが、こんなに大きなものになるんですね。



うおー見に行きたい・・・・もっとも、私自身はガンダム世代に入れられる年代ですが、ガンダムそのものに対してさほど思い入れはありません。ガンプラ(ガンダムのプラモデル)も知人にもらったものを生まれて初めて今年作ったほどです。

しかし、原寸大のガンダムとなると、なぜか血が騒ぎます。happy02





でも、これで実際に二足歩行し始めたら・・・・リアルすぎてイヤかも。


こうなると、他のものも原寸大で見てみたいものです。

アニメロボット史上、エポックメーキングな作品と言えば、何をさしおいてもまずはこれでしょう。



Photo_2
おなじみ、びゅーんと飛んでく鉄人28号です。


元々、この鉄人は悪役なんですよね。旧帝国陸軍の「鉄人計画」によって開発されたロボットを巡って、少年探偵の正太郎君が大活躍するというストーリーでした。


このアニメ(漫画)のエポックメーキングなところは、やはり「鉄人を自由に操作できる」というところ。もちろん、私はまだ生まれてはいませんでしたが、おそらく当時の子供たちはあのリモコンを欲しがったことでしょう。

鉄腕アトムがロボットものを確立させた功績を讃えるならば、横山光輝の鉄人は、ロボット戦闘ジャンルを確立させました。


ちなみに、鉄人を原寸大で作ろうというプロジェクトは何回か企画されているはず。そのたびに失敗しているのはなぜなんでしょう。

(でも原寸で作ると重心が上にあるフォルムなので、風で倒れるかも)





次なるエポックメーキングなロボットアニメといえば・・・・





Photo_3
マジンガーZ。

それまで、リモコンで操縦していたロボットに人が乗り込むという「画期的」なアイディアを導入した永井豪。すごいですね。

子供の頃に、私は北郷小学校のプールが割れてマジンガーが出てこないものかと考えたものです。





ちなみに、ヨーロッパのおたく世代では永井豪は神様的な扱いを受けているそうです。私たちが手塚治虫に対して抱くような感じなのでしょうか。





もっとも、原寸大マジンガーZを作る価値はさほどなさそうです。というのも、既に作られているから。




Mz2
スペインのマジンガーZ。coldsweats02

なんでスペイン?


マジンガーZは日本の子供たちに熱狂的に支持されました。そのアニメ視聴率は30%を超えたと言います。

しかし、海を渡ってイタリアやスペインで放映されたマジンガーZは、日本以上の熱狂をもって子供たちに受け入れられました。

その視聴率は、優に80%を超えたそうです。


・・・・・80%!happy02

80%って、日本じゃ東京オリンピックなみの数字ですよ?

そりゃ永井豪も神様になるってもんです。







すごいなあ。永井豪。ということは、マジンガーZに引き続いて、これが当地で原寸大化されるかも。




Jb9232
下手すると、ほとんどの人が忘れてしまいそうな「UFOロボ グレンダイザー」

うーん。私もほとんど話を覚えていません。

karaokeゆけ~ ゆけ~ デュークフリード 
  とべ~ とべ~ グレンダイザー

までは覚えています。


おそらく、このアニメほど国内と国外での評価がまっぷたつに割れたアニメはないでしょう。






フランスでこのアニメが放映されたときには、すさまじい反響がありました。フランスCESPの調査によれば、瞬間視聴率が100%を叩きだしたそうです。

・・・・え~・・・・100%ですか?・・・・

いくら何でも100%はないだろうと思わずツッコんでしまいますが、チャンネル数が少ないためにこんな数字が出てくるのかも知れません。あまりにも子供たちが熱狂するので、「フランス文化への侵略」ととらえられ日本アニメの規制につながったのだとか。

イラクでも同様の事態が発生し、放映時間になると子供たちが路地裏から消えたそうです。詳しくは、
こちらから。
国家は歌えないがグレンダイザーの歌ならば歌えるという話や、新国旗を決める際にすったもんだを繰り返し「面倒くさいからグレンダイザーにしようぜ」という笑い話などを聞くと、その影響力のすさまじさにたじろぎます。


なんでこんなにウケたのかな。グレンダイザー。私たちにすれば、マジンガーZ、グレートマジンガーの続編にしか思えないんですが。貴種流離譚だからかな。亡国の皇子が困難に立ち向かいながら悪人を討つという話は普遍的にウケるジャンルですから。


イラクでの放映は1982年。フランスでの放映は1979年。ということは、この当時に子供だった人々は、今は40代。逆にいうならば、40代のフランス人、イラク人、イタリア人などと会うときは、グレンダイザーの話をしましょう。

私たちが昔のアニメを懐かしむように、彼らも一緒に懐かしんでくれることでしょう。

2009年7月10日 (金)

KJ法の川喜田先生亡くなる

訃報です。


ユニークな発想法「KJ法」の創始者で、ヒマラヤなどの学術調査で知られる文化人類学者の川喜田二郎(かわきた・じろう)氏が8日、死去した。

89歳だった。告別式は親族のみで行い、後日お別れ会を開く予定。

三重県生まれ。京大に進み、山岳部に籍を置く。人類学者の今西錦司の薫陶を受け、野外調査に取り組んだ。卒業後は東工大などの教授を歴任した。

専門は文化人類学、民族地理学。1953年にマナスル登山隊に参加して以来、ネパール、ヒマラヤの現地調査を続け、「鳥葬の国」などのノンフィクションから「素朴と文明」といった独自の文明論まで、幅広く手がけた。その一方で、環境保護や、ネパールにふさわしい形の技術協力を進め、アジアのノーベル賞といわれるマグサイサイ賞なども受けている。

また、ユニークな発想・情報整理法で、世界で高く評価されている「KJ法」を考案、自ら普及につとめた。他の著書に「発想法」「チームワーク」など。
 

このKJ法には色々とお世話になっておりましたが・・・・川喜田センセイってご存命だったんですね。いや、これは迂闊にも知りませんでした。

というのも、あまりにもビッグネームだったもので、てっきりお亡くなりになっていたのかと・・・・coldsweats01


KJ法は、おそらく今でも社会人の研修などに使われてるんじゃないでしょうか。ブレストあたりから始まってKJ法へ進み、マトリックスなんかをするといった形で。




しかも今西錦司の流れを汲む人類学者だったというのも初めて知りました。

まさに生きる伝説だったんですね。今度、『鳥葬の国』を読んでみよう。

2009年2月18日 (水)

福井大学吉澤研究室

2月19日(月)

高齢者健康増進プログラムの研究のため、かねてよりお邪魔している福井大学吉澤研究室へ。

吉澤正尹教授は運動生理学の専門家なのですが、先生の研究室はびっくり箱のようなもので、お邪魔するたびに色々なものが出てきます。



ちなみに、勝山市の小学校にある「逆上がりをする補助具(鉄棒にぶら下がるやつ)は、吉澤教授の開発されたものです。

この補助具の研究開発の際に生まれたのが、これ。




Photo

  「逆上がりロボ」



大きさは、30センチくらいのものですが、「逆上がりをするために必要な動作」を具体的に見るためのロボです。

ちなみに、逆上がりに必要な動作は
 「足を伸ばす」
 「体を曲げる」
の2つだけだということが、このロボを通してわかります。



実際に、このロボはこの2つの動作しかしません。なのに、いつまでも逆上がりをし続けます。

「つまり、逆上がりというのは『バランスを崩す』ということなんですね」
バランスを崩せば、バランスを取ろうとしてロボは自然に回転し始めます。このまま放っておけば、新しい地点でバランスを取り止まってしまうのですが、その直前にさらにバランスを崩せば、さらに回転する・・・・その繰り返しだということなのです。


なるほど・・・・と、いたく感心していると、先生の口から驚愕の一言が。
「大車輪ロボもありますよ」

なにやら、大車輪は前転・逆上がりよりも簡単だとのこと。なぜなら、動作がシンプルで使う関節も少ないからだとか。

「それじゃ、小学校高学年くらいで大車輪はできるようになるのですか?」との私の問いに、あっさりと、
「できますね」


小学生の頃に、走るのが速い子や運動の得意な子がいます。でも、それは「体の使い方がうまい」子なのであって、体の使い方は、逆上がりロボのように、誰でも学ぶことができるのです。

人は誰でも歩いたり飛んだり投げたりしますが、それを誰かから学んだわけではありません。逆に言えば、子供の頃に足の速い子や運動の得意な子は、たまたま体の使い方がうまかった子なのです。

小さい頃に、体の使い方を正しく学べば一生の財産になります・・・というのが、先生の持論。


高齢者福祉の健康プログラムのお話なのですが、高齢者福祉は喫緊の課題。子供の運動プラグラムは子供たちの未来への投資なのです。

2008年11月 5日 (水)

小室哲也について

小室哲也逮捕のニュースは、衝撃でした。

芸能人といえば、たいていは大麻所持で逮捕されるのですが、今回は詐欺罪ということで・・・これまた驚き。




そこで、ちょっと小室哲也について振り返ってみましょう。

小室哲也の音楽。いわゆる「小室系」と呼ばれる音楽は似ているとよく言われます。これは当然の話で、俗に言う「小室コード」が底辺に流れています。コードとは、ギターを習った人ならば必ず最初に勉強するもののひとつで、CだのAだのAmだのがこれにあたります。
(ちなみに、ギターを挫折する人は、F
のコードが原因だそうです。私もそうでしたw)

Arm-Fm-GM-CMというコードで流れていくのが、小室コード。

これは、我々にとって魂の根源から揺すぶられるコードです。




この小室コードをC調に直してみると、Am-F-G-Cとなります。

さて、このコード上に単純な音符を置いてみましょう。

♪ラー ♪ファー ♪ソー ♪ドー(↓)


そう、授業開始のチャイムの音楽ですね。これは、魂を揺すぶられます(笑)。

この基本形に様々な肉付けがされていくと、TMN時代の「Get Wild」ができあがったりします。




さて、この小室コードを批判する人もいます。 曰く、「単純だ」 「類似品ばかりじゃないか」

実は、私自身も90年代半ばくらいの小室絶頂期には、そう考えていたひとりでした。続々と産み出されるヒット曲、それを統括する小室コード。「なんだよ、これ。ワンパターンじゃないか。俗っぽいなあ・・・」と、いささか冷ややかな目で見ていたものです。


しかし、つらつらと考えてみれと、小室がヒット曲を増産していった期間をひとつの「時代」として考えてれば、パンク・ロックが隆盛を極めた「時代」よりも、その期間は長かったのです。

それを考えると、小室ってすごかったんだとつくづく感じます。




ただ、影響力という点で見ると、小室が果たした影響って何だったんだろう?

確かに、小室が及ぼした力には凄まじいものがありました。小室絶頂期は、NHKの「うたのおねえさん」までが、「張った声質(別名、キーキー声)」で選ばれたくらいです。

しかし、人々に与えた影響力という点で言えば、90年代初頭のバンド・ブームの方が強かったのかもしれません。イカ天の名称で呼ばれた「三宅裕司のいかすバンド天国」で沸騰したバンドブームは、様々な個性的なバンドを世に産み出しました(たま、カブキロックスなど)。

ただし、バンド・ブームは影響力の大きさにもかかわらず、求心力となる中心的存在がなかったために、有象無象のバンドを排出して終焉を迎えました。




それじゃ、小室絶頂期の求心力になったものは、何だったんだろう・・・・と考えると、やはり私は小室コードだったと思うのです。もう少し表現を変えるならば、小室コードが持つ「心地よさ」だったのでは?


話は急に変わりますが、小室哲也と小室コードいう存在を見ると、どうしても私はバッハを思い出すのです。




250pxjohann_sebastian_bach
 
 「音楽の父」と呼ばれるヨハン・セバスチャン・バッハですが、この人は「変奏曲」を多く作曲しました。

 「変奏曲」とは、ひとつの主題を様々な変化を加えて曲にするものです。言うならば、小室が小室コードに様々なバリエーションを加えていったのと同じように、バッハも様々なバリエーションを加えていきました。

 もちろん、バッハと小室を同列にすると、クラッシック関係者に怒られますので(苦笑)、同列に置くことはしませんが・・・



 バッハの音楽は数百年の歳月に耐えて現在まで脈々と生きているのに対して、小室哲也の音楽は10年の歳月に耐えられませんでした。これを「音楽性の深さ」と断言するのは簡単なのですが、それでは、なぜ小室哲也の音楽は音楽性の浅さにも関わらず、人々をあれほど魅了したのでしょうか。

 2000年を境にして、小室哲也が音楽シーンに閉める割合は急速に低下していきました。人々は「心地よい音楽」「心地よい、歌いやすい音楽」よりも、「じっくりと聞かせてくれる音楽」を求めるようになったのです。

 つまり、時代が小室哲也を必要としなくなったということなのでしょう。


 そこに想いを馳せるとき、小室哲也は美空ひばりや山口百恵と同列に扱われてしかるべき存在であることに気づきます。

 美空ひばりや山口百恵は「時代と寝た女」と表現されました。世相を代表する歌手は星の数ほどあれども、時代そのものを体現する歌手は稀です。そういった稀な存在のひとりとして、小室哲也はいつの日か再評価されることがあるのだろうと感じます。




 
  ■
松村治門ホームページもご覧ください

2008年4月 3日 (木)

武士語

皆さんは、「武士語」をご存知でしょうか。

なにやら最近はやっているそうで。

「もんじろう」というところで、やっているものなのですが、通常の日本語を入力すると「武士が使いそうな言葉」に変換してくれるというもの。これでメールをするわけです。

どんな風に変換されるかは、下のところでお試しください。





ちなみに、この上の画面の「変換したい言葉を入力してください」の部分に、適当な文章を入れてみてください。そして「変換」ボタンを押すと「武士語」になってでてきます。

例えば、
「ごめんなさい。今日は遅刻しました」→「かたじけない。けふは遅刻し奉りました」
というように変換されます。




まあ、武士ですので、当然次のような変換がされることになります。
 「首相」→「上様」

 「知事」→「大名」

それじゃ、「社長」はどうなるのかと思ったら、やっぱり「上様」になっていました(笑)。

それじゃ「部長は?」と思って入力してみたら・・・・(後は皆さんで入力してみてください)
「支店長」なんてのも面白かったです。



ちなみに、変換によっては変なものも。

「朝日新聞」→「夜明け日瓦版」

「中国」→「清国」




ところで、上の画面のスクロール部分をいじると「
ヤンキー語」というものがでてきます。

ためしに、「ごめんなさい。風邪をひいたので、今日は会社を休みます」という文章を入力・変換してみたら・・・

「誤雌雲南鎖威。伽是を碑威汰ので、凶(きょう)は伽威車を休みます」

・・・(≧ヘ≦) ムゥ

なるほど、ヤンキー語とは、「夜露死苦(よろしく)」の世界でした。






2008年4月 1日 (火)

HPリニューアル その3

またまた、HPリニューアルの話で申し訳ありません。^^;


リニューアル前のHPにあった『日々是口実(雑記)』を、新しいHPへ順次移動しているところです。

久しぶりに眺めてみると、「ああ、そういった事件があったなぁ」と懐かしく思い出されます。



大長山で関学ワンダーフォーゲル部が遭難する事件がありましたね。
そういえば、小泉今日子って離婚してたんですね。


私は議員になる前から「男女共同参画ウオッチャー」でしたので、初期の『日々是口実』は男女共同参画ネタが多い(ほとんど?)です。

勝山市も男女共同参画条例を制定し、いよいよ本格的に男女共同参画を推し進めるとのこと。6月議会の一般質問では、この話題に触れねばと思っています。

基本的に、私は男女平等には賛成です。例えば、賃金・・・保母さんの給与所得が低いなんてのは、何としても是正しなければと思っています。ただ、男女平等と男女共同参画は根本的に違うんですね。

ちなみに、皆さんは『男女平等と男女共同参画の違いは何ですか?』と問われて答えられますか?



・・・それと、ご存知です?旧・武生市では、めちゃめちゃな男女共同参画が実施されて、国会(衆議院)でも問題になったくらいなんです。

案外、近いところまで押し寄せて来てるのです。




過去の『日々是口実』を読んでいると、「ああ・・」と思う記事があります。

個人的に気には、『だけど、涙がでちゃう・・・女の子だもん』が思い入れが強いです。
『部長、今日はFカップですか?・・・トホホ』では、一部のマニアから激烈な抗議を受けました(苦笑)。これも、今となっては懐かしい思い出です。

ちなみに、今回アップしたのは、過去の25記事。残りも順次アップしていきます。


2008年3月31日 (月)

ホームページリニューアル その2

早いもので、もう3月も終わろうとしています。今年も4分の1が過ぎてしまいました。



ホームページのリニューアルも、あらかた終わりました。

おそらく、以前からご覧になられている方は「・・・おや?・・・」と思われるのではないでしょうか。


おかげ様で、ここのところHTMLとスタイルシートの解説書と首っぴき状態です。





ホームページのリニューアルにあわせて、「調査・研究」と銘打って新しいコーナーを設けました。

「一体、これはどうなっているんだ?」といった市民の方々よりいただいている声と、私自身の調査・検討している課題を並べて、その進捗状況と結果を報告させてもらうコーナーです。

(個別の要望事項は、もちろん掲載してはおりません^^; 


2008年3月30日 (日)

市役所職員の電話

仕事柄、市役所に電話することが多いのですが、なぜ役所の電話ってあんなに同じ事を言わせるのでしょうか。時々、うんざりします。


職員A:「はい、■■課です」
私:「ああ、すみません。ちょっと○○の件についてお尋ねしたいんですが」
職員A:「少々お待ちください」

(保留音を聞きながら一服)

職員A:「すみません。担当の者に廻しますのでお待ちください」
私:「お願いします」

(保留音を聞きながらコーヒーを飲む)

職員B:「代わりました。ええっと、どういったご用件でしょうか」
私:「○○の件についてお尋ねしたいんですが」
職員B:「○○のどういった点でしょうか」
私:「○○の△△についてなんです」
職員B:「ああ、それでしたら、ちょっと私では説明しかねますので、上の者に代わります」
私:「お願いします」

(保留音を聞きながら煙草に火をつける)

職員C:「代わりました。どういったご用件でしょうか」
私:「○○の△△についてなんですが」


私が民間会社に勤めたときの講習で、電話の応対マナーを教わったときには「お客様に同じ事を何度も言わせるな」と叩き込まれたのですが・・・


2008年3月29日 (土)

一般質問について

HPのリニューアルということで、ただ今コンテンツを書き書きしているところです。

とりあえず、直近の12月議会の一般質問を議事録から転写しているのですが・・・・・とにかく長い(涙)。そして、喋り口調なので議事録を読んでいると、自分のことながら時々イラッとします(爆)。




一般質問の内容は議員によって様々ですが、その喋り方も様々です。

典型的なのは、原稿を作ってきてそれを読むタイプ。これは、間違えない上に、議事録上もきれいにまとまるという利点があります。

私も、最初の頃はこのタイプでしたが、最近は原稿を作らなくなりました。なぜかと言いますと、原稿を読んでいるだけでは面白みに欠けるのではないかと考えたからです。

私は、喋る内容をフリーマインド型式にして、それを基に喋っています。ただ、喋り口調というのは、文章にされると途端に冗長になってしまうのが難点ですね。

もうちょっと工夫をしなくちゃいけないと、反省することしきり。

2008年3月28日 (金)

ホームページ、リニューアル

このブログの名前は『月下独酌』です。長らく私のブログを見ていただいている方ならばご存知でしょうが、この『月下独酌』は3代目になります。


そもそも、なぜにブログを始めたのか・・・これは、私の不精が原因でして、HP上の掲示板が故障してしまったことに端を発します。

掲示板が再開できないので、とりあえずブログを始めたら、HPを更新するよりもブログ更新の方が楽だったので、ずるずるとここまで来てしまいました。^^;



「そろそろHPの方も何とかしてください」という声を、なぜか最近よくいただいたので、一念発起して、HPをリニューアルしました。

というわけで、とりあえず主軸をHPの方へ移していきます。このブログ自体は、閉鎖せずに今後とも細々と続けていくつもりです。HP上の掲示板と、このブログをどのように棲み分けるのかについては、しばらく運用しながら考えていきたいと思います。ご迷惑かけますが、今後ともおつきあいください。


松村治門ホームページのアドレスは下記のとおりです。

http://kore.mitene.or.jp/~harukado/____top.html